みなさんこんにちは。

芸術工房Pinocoa(以下:ピノコア)で全体のプロデュースやディレクターなどを兼任しているこうたろうです。

ピノコアは2015年からホームページを作り、活動してきました。

しかし、当初思い描いていた活動ができず、悩み続ける日々を送りました。

その間も、録音エンジニアとして、録音のお仕事をしたり、外部のプロジェクトに参加したりと、ピノコアの活動がしっかりできていなかったのですが、令和元年ということで、ピノコアをしっかりと再出発させたく、ホームページデザインも変更し、ブログを開設し、再起する次第です。

このカテゴリーでの初投稿ということで、、、、、簡単にこうたろうの自己紹介をさせていただきますので、しばしお付き合いいただければと思います。

こうたろうはギリギリの昭和生まれ世代。

産みの父が音楽をやっていたので、産まれた時から音楽に囲まれて育ってきました。

父は結構本格的に音楽をやっていたので、オープンリールテープや、当時家庭用に持つ人は珍しいサイズの12トラックの卓なども家にありました。

そんな僕が1989年、自宅スタジオで初めてコーラスで収録に参加した記憶のある音源です!(笑)

この音源ははっきりと収録現場の記憶があり、たまに懐かしく聴いています。

ちなみに父のプレイがYoutubeで残っていたので貼っておきます。

このバンドのキーボードを担当していました。

このバンド結構かっこいいですよね(笑)

当時虐待ギリギリのかなりのスパルタ音楽教育を受けていたのを覚えています。

産みの父とはほとんど一緒に過ごした時間はなく、ロックな父に嫌気がさした母は家を出ていき、僕は4~5歳くらいのときに祖父母に引き取られ、以来交流はありません。

そして、中学で吹奏楽部に入り、どっぷり音楽漬けに、そのままなんとなく音大へ進みます。。。

吹奏楽を早くやめたかったので、ピアノで。

当時ジャズが好きだったので、音大ではジャズを勉強しました。

その後、20代は京阪神でジャズピアニストとして少し活動し、20代後半からは趣味だった写真が好評でカメラマンとして少しだけ稼いでいました。

その後録音エンジニアとして修業し、しばらくは付き合いのあった音楽家などの録音を担当、CD制作なども手掛けていたため、いっそのことブランド化してしまおうと、ピノコアを立ち上げました。

で、紆余曲折あり、合理的、そしてミニマルに、芸術を楽しみながら生きていきたい。。。。と決心し、ブログも再開しました。

このブログでは僕が調べた生活や人生に役立ついろんな情報をピックアップし、ご紹介していきたいと思います。

元々すごくマニア気質。。。

読書も趣味で調べ出すと止まらない。

さらに器用貧乏な気質からいろんなジャンルに興味を持つ性格です。

少しでもみなさんの役に立てれば嬉しく思います。

また、ブログの別カテゴリーではプロジェクトごと、さらに、ピノコアの商品ごとに記事を投稿させていただきますので、暇つぶしがてらピノコアのサイト探索していただければと存じます。

今回は簡単な自己紹介のみで失礼します。