ブエノス・アイレスに飛行機で到着したら・・・

Hola!! みなさんこんちにわ!

久しぶりのブエノスアイレス通信です!

ブエノスアイレスは、冬。日本と昼・夜12時間反対で、季節も反対です。


さて、さて、今までは、基本的にブエノスアイレスでの生活の様子や町の様子をお伝えしてきておりましたが、今日は、その肝心なブエノスアイレスに到着した時の空港の事を少々書こうと思います。

 

しかし、最近空港まで行っておらず、写真などが無いため、今日は文字中心のブログになってしまいますが、様子を想像しながら読んでください。

 

 

ブエノス・アイレスまで飛行機で来るには、最低1回は必ず乗り継ぎをしなければいけないので、到着した頃にはもう『空港』という場所に慣れておられるだろうし、“到着してみての楽しみ”というのもありますよね♪

 

っと言っても、ブエノスアイレスの空港は、格別変わった事もありません。はっははははーー!!

 

ブエノス・アイレスの空港は、二つあります。

エセイサ国際空港と、ホルヘ・ニューベリー空港。

 

まずは、エセイサ国際空港。

航空会社にもよりますが、多くの国際便は、エセイサ国際空港 (Aeropuerto Internacional Ministro Pistarini de Ezeiza)に到着します。

 

 

 

そこは、ブエノスアイレス中心地からは、車で30分から1時間くらいのところに位置します。

(夜のすいている時間は、高速道路で一気にぴゅーんです)

 

入国手続きをすませ、荷物を取り、ゲートを出たあたりに、たくさんのレミース( Remis:タクシーの少し高級版)や高速バス会社のブースがあります。

 

空港から目的地まで行く場合、電車は通っていないので、お迎えがない場合は、バスかタクシーの選択になると思います。

 

まずはタクシー*

始めてブエノスアイレスや南米を旅行される方であれば、私はレミースに乗る事をお勧めします。レミースは少し値段が高くなりますが、目的の住所を伝えたらそこまで行ってくれます。そして、先払いなので、タクシーのようにメーターがどんどん上がって、いくら払うのか不安という事もありません。

 

レミースの会社はたくさんあり、どれがどうだかわからないと思いますが、ここは皆さんの野生の直感を働かせて、店員さんの様子なども見て、頼んでみてください。

 

空港内にある会社はどこもきちんとした会社だと思いますが、有名でバスなどもよく利用されているのは、Tienda León (ティエンダ・レオン) という ライオンのマークのある会社

ここは、レミースもバスもあります。

 

レミースのブースで、行きたい場所を伝え、お金を払い、店員さんに連れられて外の車まで行きます。外に運転手が車とともに待機していて、担当の車に乗って出発!というシステムです。

 

お店のブースから荷物を店員さんが持って外に行くときに、え!ちょっとまって!どこに行く!??と心配になるかもしれませんが、車に行くだけなので、大丈夫です。

 

 

さてさて、外に出ると、そこにたくさんの普通のタクシーが止まっていると思いますが、ここではできるだけ空港の外でレミースを頼んだり、タクシーに乗るは避けた方が良いと思います。観光客を狙ったどんなタクシーが潜んでいるかわからないので・・・

 

(ちなみにブエノスアイレスのタクシーの画像はこちら)

 

 

 

 

バスでいくわー!という方*

高速バスで行くなら、先ほどのTienda León のように、高速バス会社がいくつかあると思います。ので、ここも野生の感か、事前調査か、または、雰囲気で選び、申し込み、特定の出発場所まで行き、出発時間をまちます。

降りた停留所からは、自分で目的地まで行く事になります。

 

また、スペイン語が堪能で、全然大丈夫という方なら、市内まで行く路線バスがあるみたいですが(バスの番号は8番)私は使ったことはありません。100円以内で乗れる激安ですが、この場合は、Subeというチャージ式のカードが必要になるのと、降りる場所を自分で把握してブザーを押さないといけないのでう、始めて来る方やカードを持っていない方は少々難しいと思われます。

 

 

  • ・・・・・

さて、最初に書いたように、ブエノス・アイレスには、もう一つ空港があり、主に国内線や、近隣国への国際線専用となっています。

ホルヘ・ニューベリー空港


 

これは、もうブエノス・アイレス市内にあるのでタクシーにのっても市内への移動ならしやすいです。

 

  • ・・・・・・・・・

そして、もう一つ、異国に着いた際に心配したいのが、両替!!

日本では、アルゼンチンペソに直接両替できなかったはずです。

ので、ドル、またはユーロを持参してください。

 

少し前は、公式レートと、闇レート(ブルーレート)しかし、公式の闇レート。笑 があったので、空港で両替すると、かなり悪いレートでの両替になっていたのですが、現在は、それが統一され、その差がほぼないか同じくらいで両替できます。ですので、Pesoをお持ちでなければ、空港でまずは少し両替してから、移動されればひとまずは良いかと思われます。

 

観光スポットには、両替所もあります。

 

 

なにわともあれ、移動に関しては、目的地(または、滞在場所の住所)は、いつもすぐ出せるようにしておくと、レミースにしても、タクシーにしても、バスをおりてからの移動にしても、大変楽だと思います♪

ブエノスアイレスの住所は、通りの名前と番号の組み合わせなので、迷った時にも便利ですよ!!

 

それではまた!!Hasta la próxima !


リンク

ピノコアデザイナー&南米担当:大長志野