みなさん「レミース」はご存知でしょうか?

タクシーでもない、ウーバーでもない、ブエノスアイレスの移動手段の一つです!

レミースは街で走っているタクシーとは違って、家まで迎えに来てくれます。

またはある地点から目的地まで行ってくれます。

(待ってもらって往復などもお願いできる)

通常誰かの紹介を通して配車してもらうので、信頼のおけるドライバーを選ぶことができるのです。

また、ドライバーも紹介してもらって出動~!しているので、(おそらくリピートしてもらうためにも??)親切丁寧に対応してくれます。

しかし、そんな企みなしに、良い人が多いです! で、相性がよかったらそのまま次回もリピート!お友達のような感覚?でしょうか。

今回登場してくれたヘラルドと出会ったのも、バンドの楽器運搬と移動で来てくれたのがきっかけで、時間もきっちりだし、道もよく知っていて、無駄なく、時間帯によっては走る道も変えて走ってくれるので、有り難く、もう一年以上利用させてもらっています。

「○○に何時ごろ着きたいんだけど!?」 と聞くと、「じゃあ○時頃出発しよう!」とも提案してくれます。

今回もまた、ヘラルドを呼びつけて(笑?)空港まで日本からのお友達を迎えに! 動画ではヘラルドがレミースについて話してくれています。

さらに、カットされている部分でも話してくれていますが、

レミースのドライバーはとてもプロ意識が高いです。

タクシーやウーバーで遠回りされたり、水増し請求をされる心配がほとんどありません。

細い道や、渋滞の時間や、抜け道まで熟知しているので、安全に早く目的地まで到着できます。

特にウーバーと比べると非常に高額にはなりますが、そこは安心価格!

これも動画ではカットされてますが、ヘラルドの話では、「ウーバーはスマホ一台あれば誰でもできる、道を知らなくても車を持っていなくても(借りた車や盗んだ車、運転免許がないかもしれないよ?(冗談半分本気半分)できるから信用度はかなり低い」と語っていました。

みなさんもブエノスアイレスに旅行の際は安心安全価格だと思って是非レミースを利用してみてください。

だいたい空港で新規で手配すると、ブエノスアイレス市内までは3500円~4000円程度。(注:その時によって値段の変動があります)

※空港でレミースをお願いする様子は前回のブログ記事で!

今回のように顔なじみのドライバーを手配すると少し知り合い価格になったり?!するかもしれません!

前回の動画では、空港のブースから新規で手配している様子が写っていましたが、支払いはクレジットカードが使えるのと、ドルでの支払いも可能です。

(空港にはレミースやバスの運行会社のブースが立ち並んでいます)

ドルで支払ってもお釣りはペソでもらいます。

実はアルゼンチンはアルゼンチンペソがもちろん主流ですが、何度もデフォルトした経験から国民のペソへの信頼度はかなり低く、ドルも結構使えたりします。

(特に空港でのレミースや、またタンゴショーやホテルなど)

ただし、個人レミース(今回のような感じ)の場合は人によって様々です。

ドルが可能な人、ペソだけの人、カードが使える人、まだかなり少数だと思いますがビットコインが可能な人、様々です。

基本的には個人手配のレミースの場合は現金が主流です。

それでは、夜のブエノスアイレスの様子も一緒にお楽しみください~!

※文字をクリック↓↓↓でYoutubeに移動します~総時間は4分46秒です。WIFI環境でご視聴ください。

ブエノスアイレスの中心地から空港までレミースで行ってみた!! Vlog #3


記事の投稿:お志野ちゃん

花よりタンゴのお志野ちゃんこと、タンゴピアニスト&アレンジャーの大長志野。

タンゴが大好きで単身ブエノスアイレスにタンゴを勉強に行き、そのまま居心地よくて住み着いちゃいました。

以後、日本とブエノスアイレスを行き来しながらタンゴの魅力を日本に伝えている。

お志野ちゃんがリーダーのタンゴバンド:Barrio Shinoはこちらから