ロシアで日本語能力試験

こんにちは。

不定期更新のロシア通信です。本日は日本語能力試験について!

ロシア人ダンサーマリヤが現在12月開催の日本語能力試験を受験しています。

なんと、試験会場はモスクワ!

ロストフからモスクワまで受験しにいっています。

なんとも大変です。

是非とも合格してほしいものです。


マリヤはロシアのロストフで現在4人の生徒を持つフリーランスの日本語の先生。

ロシアでは年に二回7月と12月に開催されています日本語能力試験。

そのうち7月と12月両方受験できるのは、モスクワとウラジオストクのみ!

他は年一回の12月開催になります。

ノボシビルスク・ハバロフスク・ユジノサハリンスク・イルクーツク・サンクトペテルブルク・ペルミ・アストラハン

なるほど!ロストフからだと、モスクワかサンクトペテルブルクの二択になりますね!

交通の便を考えるとモスクワなのでしょうか。


日本語能力試験はN1~N5までの五段階のレベルがあり、世界中で試験が開催されています。

2017年は年間応募者数が国内外合わせて100万人を突破したとか!

日本語を学習している人の中でも資格として取得するごく一部の方だけでも100万人。

日本語は人気があるのかないのか、この数字では定かではありませんが、人気がある!!!と思うようにしましょう!

N1にいくほど難しく、初級はN5。

マリヤは今回第二段階のN4を受験しています。

日本のみなさん!試しに問題例を見てみたいですか?

問題例はこちら!

日本のみなさん!N1の問題大丈夫ですか?!(笑)

ざっと見た感じ、中学1~2年生くらいの感覚でしょうか?

物事についてしっかり日本語で意見交換ができ、議論に発展していけるレベル?なのかな~と感じました。

複雑難解な日本語をここまでできるようになるのは本当にすごいことで尊敬すべきことだと思います。


さあ、こちらはモスクワ会場での試験前の様子!

↓↓↓

モスクワではすでに雪が降り積もり・・・

こちらはモスクワの地下鉄の様子!

核戦争に備えてロシアの地下鉄はとても深く作られているのは有名な話!

地下何メートルなのでしょうか。。。。


ちなみにこちらはマリヤの宿泊したホテルだそうです!

一泊5000円ほど!

日本よりも少し安い程度でしょうか!?

面白いのがホテルの鍵でした。

このカードキーのデザイン。

面白いですね!