ジョン・フィールド(John Field, 1782年7月26日 – 1837年1月23日)は、19世紀の初めに活動したアイルランドの作曲家です。
ピアノ奏者でもあり、特に最初に「夜想曲」(Nocturne)を書いた作曲家として知られています。
モスクワとサンクトペテルブルクに長く滞在して作曲・演奏活動を行い、後に『近代ロシア音楽の父』と呼ばれることになるミハイル・グリンカを指導するなど、ロシア音楽の発展に大きく寄与しました。

ダブリンに生まれたフィールドは、ヴァイオリン奏者の父にピアノの手解きを、また、教会のオルガン奏者であった祖父から音楽の基礎を学びました。
1793年、11歳のフィールドは、家族と共にロンドンに移住し、作曲家でピアノの製造も手掛けていた ムツィオ・クレメンティのもとで学びました。
17歳の頃には、彼の最初のピアノ協奏曲の初演が行われていたといわれており、1801年に彼の最初のピアノソナタ集が出版され、この頃から作曲家としての活動が盛んになりました。

1802年7月に、彼はクレメンティと共にヨーロッパを回り、パリやウィーンなど各地で活躍しました。
その後、クレメンティに連れられてロシアのサンクトペテルブルクへ移り、彼は1803年6月にクレメンティが去った後も、この地に留まり演奏家として、また、ピアノの指導者としての活動を続けることになります。
1804年に最初の交響曲を初演し、その後もロシア各地の貴族社会から熱烈に歓迎され、一時は「フィールドを知らないことは、罪悪である」とまで評されていたとされています。

1810年、28歳のフィールドはモスクワでの教え子の1人であったアデライデと結婚し、1819年に エイドリアン・フィールド を授かります。
1815年にはフランス女性との間に男児 レオン・シャルパンティエ をもうけており、レオンは後にピアノ奏者となり、父と共に演奏旅行をしています。
フィールドにとって、この頃が人生の絶頂期であり、この頃の教え子の1人に後に作曲家として知られる ミハイル・グリンカがいました。

フィールドは、サンクトペテルブルクとモスクワとを行き来する生活を続けていたが、1821年、43歳の時にモスクワへ移り住んだ。この後の10年間はアルコールに溺れ身体を壊し、また、直腸癌も患い手術も行いました。
1831年に癌の治療も兼ねてロンドンを訪れ、1832年から翌年にかけてはパリで過ごしました。
その後、ベルギー、スイス、イタリアへと演奏旅行を続けますが、体調不良から往時の面影は失せ生活も窮乏、ロシアの貴族 レイマノフ家 の助力でモスクワに戻り1837年に亡くなりました。

↓↓↓Youtubeにてご試聴していただけます↓↓↓

夜想曲と言えばショパンのイメージが強いですが、元祖といえばジョンフィールドです。

甘美なメロディーでゆったりとした時の流れを演出するようなシーンや、川の流れ、ゆるやかな水流などにもぴったりだと思います。

★ご利用前に「はじめに」をお読みください★


ダウンロードはこちらから(こちらはシステムの都合上アメリカドル表記となっておりますのでご注意ください)

5ドル


音源を購入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA