ロシア人が遊びに来た〜日本満喫の旅 「其の七」

いよいよ観光の最終日!

マリヤさんの数少ない希望で、「歌舞伎」を見に行きます。

京都南座が現在工事中のため、大阪松竹座で手配。

午前中にこなや垂井健さんから、「送別会をセッティング」との連絡を受け、最後の夜もたっぷり宴会!

まずは、12時にホテルで待ち合わせて、難波まで向かいます。

実はマリヤさん、この最終日が日本の電車初体験!

みなさんのサポートで移動はずっと車でした。

僕自身も電車で難波へ向かうというのは長らくないことですし(初めて?くらいかも)スマホ片手に難波に到着!

道頓堀近辺を散歩。

※ちなみにこの日はスーツスタイルなのでカメラは持たずにすべてスマホでの撮影〜上手に撮って編集すればなんとかなりそう。

昔から使われている大きな看板などはしっかりと日本語ですが、手書きのものや、新しくできたものなどはほとんどが韓国語。

中国人観光客よりも多いイメージ。

そういえば、面白いくらい日本人を見かけない。

漫画「ミナミの帝王」の時代のような、「通りを歩けば必ず友達と会う」という感じの人も見かけない。

お土産屋もいくつかあるが、取扱商品も同じで、なんだか品がない感じ。

別に悪いとは思わないが、「全部が全部ドンキホーテのようにしなくても」とは感じた。

大阪の道頓堀に来て、大阪弁ではなく、韓国語を聞く時代が来るとは、随分と国際的な社会になりました!

土産屋をいくつか見て、おいしそうなたこ焼きがあったので、お昼がてらに購入。

10個入りで900円!

観光地価格ですが、なかなか美味しかった!

マリヤさんとにかくタコが大好き!

タコを見つけると喜びます!

食事の時は必ずウェットテッシュを差し出してくれます。

たこ焼きを食べてからいよいよ大阪松竹座に入ります!

中に入って、ハンカチを購入!と思ったら、僕へのプレゼントでした。

「あなたは、いつもデニムの裏部分で指や手を拭くから、これからはこれで拭きなさい」と(笑)


公演は前半が2時間の超たっぷり、休憩を挟んで後半が舞を中心とした音楽系。

僕自身が初めての歌舞伎でしたが、かなり楽しめました。

マリヤさんはもう半泣き状態で感動と興奮!

身を乗り出して楽しんでいました!

楽しんでくれて本当によかったです。


歌舞伎の公演が終わり、こなやがセッティングしてくれた送別会へ!!!

と、なんとなんと、阪急で人身事故!?!?

阪急で人身事故はかなり珍しい。

ダイヤが乱れまくっていて、しかもすべての車両が基本的に身動き一つとれないほどに混乱。

その混乱の中で、発車順が次々かわったり、アナウンスで遅れの連絡が入ったり、スマホで見ると最大20~30分の遅れがある可能性〜と出ていたので、本当は新開地まで乗って志染駅まで行く予定でしたが、予定を急遽変更、西神中央までのお迎えをお願いし、JRで三宮〜地下鉄に。

JRは以外とスムーズに行きました。


無事にこなやへ到着し、送別会!

なんとまあうまい鍋だこと。

こなやが何十年もかけて開発した自慢のつみれ。

これはもううますぎて言葉が出ないほど。

本当に素晴らしいつみれです。

さらに、道頓堀でマリヤさんが気になっていた蟹!

道頓堀で「今度来た時に食べましょう〜」といっていたのですが、なんとこなやにあった(笑)

しかも、松茸まで!!!!

日本人でもそうそう食べられる食材ではない、蟹に松茸が「忘れてた」と言って出てくる。

最高のつみれに、最高級の食材で鍋の出汁はどんどん絶妙なハーモニーで溶け合っていき、シメの雑炊に向けてまさに究極の和食サーキットを駆け巡ります!

よく考えたら、いや、よく考えなくても今回の日本満喫ツアーでのマリヤさんの体験した食べ物は本当にすごいものでした!

後日別の記事総集編にてまとめてみたいと思います!

しかも、なんと、レーヴダムールの藤原さんから送別会とのことでケーキの差し入れ。

なんとまあ贅沢な送別会だこと。

うーーーんすごい旅だ(笑)


リンク

大麦・大麦粉の栽培〜販売:こなや

Pinocoa総合プロデューサー:Kotaro Hattori

欧風菓子工房:レーヴダムール