ロシア人が遊びに来た〜日本満喫の旅 「其の二」

2日目!

マリヤさんが午前中はゆっくり休みたいとのことで、12時にホテルに迎えに行く。
今日はPinocoaクラシック部門代表の堀先生が車を出してくれて、1日ドライバーをしてくれた。


堀先生実は、某有名企業の有名スポーツカーを買ってしまったくらいの超車好き!
本日ご紹介する丹波篠山の超穴場名スポット、一会庵を目指して車を飛ばします。
というのも、この一会庵、14時にはもうラストオーダーで、しかも、その日の蕎麦がなくなれば閉店という無理をしない、最高の、そして最上級の蕎麦しか出さない超こだわりのお店。
今日はたまたま僕たちだけで、蕎麦もOK!
到着時ちょうど囲炉裏に火をいれていたところでした。


そういえば夏が多かったので、冬に行くのは初めて。
そばがきに、そばきり、蕎麦湯。。。
囲炉裏の火とともに静かな時間がゆっくりと流れていきます。


マリヤさんもその日本の振動していく時間軸を楽しんでくれていたみたい。
お口に合うか不安でしたが、美味しいといってもらえて本当に嬉しかった。
食べ方を一通りレクチャーしましたが、やはりススルという食べ方は日本人特有の食べ方で難しかったようです。
一会庵の蕎麦は本当におすすめです。


一口食べるごとに様々なことを考えさせてくれる本当に特別な蕎麦です。

さて、一会庵をあとに、篠山城跡地に向かい、日本酒の酒造を見学。



いつでも見学OKのオープンな酒造があります。
ここも本当に喜んでもらえたみたいで良かったです。
日本酒を味見して、堀先生と一本づつ購入。
そこから、夜の松井企画こなやの大宴会へ。
帰りは下道でゆっくりと日本の景色を楽しんでもらいながら三木市へ向かいます。


大宴会へ!
Pinocoaからは堀先生と僕がピアノ演奏。
そのあと、マリヤさんがダンスを披露してくれました!


特別な衣装をわざわざロシアのロストフから持ってきて、一曲ごとに着替えての披露。

本当に素晴らしいダンスでした。


その様子はこちら!

↓↓↓

マリヤ~オリジナルダンス

もう一つあったのですが、ダンスのBGMが著作権に引っかかるためNGでした。


そのあと、シマ唄という奄美大島の伝統民謡をたっぷりと楽しませてもらい三木市で南国の大宴会!

その様子はこちら!

↓↓↓

奄美大島 シマ唄 伝統民謡 唄者:北村佑佳

みんなが笑顔になる宴会です!

この大宴会で、マリヤさん日本満喫ツアーのサポーターがたくさん増えて、どんどん輪が広がっていきます。
我ながら日本人の「おもてなし」の精神と優しさは本当に誇りに思います。


リンク

大麦・大麦粉の栽培〜販売:こなや

Pinocoa総合プロデューサー:Kotaro Hattori