ミニマリズムのすすめ。

こんにちは。

こうたろうです。この記事にたどり着いた方はミニマリストか、少なくとも今現在ミニマリストに興味を持っている方だと思います。

さて、単刀直入にいうと、私はミニマリストになることをみなさんに強くおすすめします。


1,ミニマリズムとの出会い

2,このカテゴリーの今後

3,大量処分にかかるお金と時間

4,ミニマリストになるメリットまとめ


ミニマリズムとの出会い

こうたろうは元々appleの大ファンで、appleというよりもスティーブジョブズのファンというべきか。。。

スティーブジョブズ亡き今はwinの自作PCにアンドロイドを使っています。

ミニマリストという言葉自体はスティーブジョブズの影響で以前から知っていました。

マイレージマイライフという映画がありますが、この映画大好きで何度も見ました。

「人間関係も荷物の負担も無い人生の美徳を賞賛する男」というのが主人公で、ミニマリズムを肯定側からも否定側からもいろいろな視点で描いている映画で面白いのです。

さらに、ナタリー・キーナー 役のアナ・ケンドリックがめちゃめちゃ美人で。。。。は関係ないですね(笑)

ちなみにアナ・ケンドリックはピッチパーフェクトという大ヒット映画シリーズで主人公を務めています。

話がそれましたね。

で、ミニマリストに興味はあるけど。。。という方、ちょっと過激な思想?過激な生き方という印象をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

実際こうたろうがそうでした。

なんか修業っぽい。という印象でした。

しかし、6月に入り、人生が大きく転換する出来事が起こり、これを機に自分自身も大きく変えていこう、今までの自分から生まれ変わろうと強く思うようになり、その時にまず今までの持ち物をチェックして、不用品を処分しようと思ったのがきっかけでした。

その時に、ミニマリズムのことを思い出し、さらに同時に昔読んだ釈迦関連の本で、釈迦が「執着を手放せ」といっていたのを思い出しました。

読んでいた当時はなんのことかさっぱり意味不明で、仏教系の人はよく「もったいない」という言葉を使っている印象があったので矛盾しているのでは?とさえ思っていたくらいでした。

ちなみにこのもったいないという言葉、仏教が発祥という情報もあるようですが、僕が読書の中で手に入れた知識によると、仏教ではないようです。

今日本に伝来している仏教というのは、仏教のフリーライセンス版で、釈迦の哲学や教えがベースにさえなっていない宗派もあります。

詳細はまた別の機会に。。。

さらに、祖母がクリスチャンだったこうたろうの子供時代、どこかの何かで読んだキリスト教関係の本に、書いてあったある「おはなし」を思い出します。

ある役人がイエスの元にやってきて、こう質問しました。

「永遠の命を授かるには何をすればいいのですか?」

イエスの答えはこうでした。

「持っているものをすべて売り、そのお金をすべて貧しい人に与えなさい。そうすれば天に宝を積むことになるでしょう。そのうえで私についてきなさい」

釈迦が執着を手放せと言っているし、イエスが持っているものをすべて売れと言っている。

とこうたろうの頭の中で何かが繋がりました。

この一本の線で繋がったのをきっかけに、自分で決めたマイルールに則って不用品を処分。

処分していくうちにすぐにミニマリズムの効果!というものを実感していきます。


このカテゴリーの今後

このカテゴリーでは、ミニマリズムに関する記事や、情報、また一緒にミニマリズムを実践していけるように、様々なことをシェアしていきたいと思っています。

ミニマリズムの良さもお伝えしていければと思っています。


大量処分にかかるお金と時間

マイルールを決めて物をどんどん手放していきました。

しかし、物を手放すといっても、勝手にその辺に捨てるわけにはいきませんから、これがもう本当に大変です。

燃えないゴミは各自治体によりルールが違うと思いますが、こうたろうのエリアでは、月に数回。

その数回のチャンスまでにごみ袋に詰めて処分の日を待ちます。

同時に大型ごみは有料のエリアです、大型ごみの処分の予約をしてお金を出して行政に持って行ってもらいます。

燃えないゴミの袋45L入りで、10枚×8セット以上買ったと思うので、80袋以上処分しました。

そして、取り掛かってニか月目の半ばですが、まだまだ処分待ちのごみ袋はたくさん残っています。

次の燃えないゴミの日までに出す予定の袋はまだ7袋分。

ミニマリズムを実践することで得られるメリットは凄まじく膨大ですが、ミニマリズムのメリットを得るためには、大きな時間(=お金)がかかります。

でも、それだけの時間(=お金)をかけても得られるメリットの方が遥かに多い。

時間(=お金)もミニマリストになるために使った以上の、というよりも比較にならないレベルで後に手に入れることができると思います。

それを処分中にすでに実感することができるのです。

こうたろうの場合はメリットを実感できるまでにかかった時間は約一か月、おそらくすべての処分にかかる時間は三か月というところだと思います。

実費でいうと。

ゴミ袋が150円×10セットで約1500円~

大型ごみの処分代が全部で約1000円~

オークションなどでまだ使えるものの整理梱包代やオークション手数料などで約3000円~

さらに、車も処分した(←当ブログ別記事に移動)ので、処分するために業者との打ち合わせや、諸々の手続きなどなど。


ミニマリストになるメリットまとめ

1,思考がクリアになり、本当に自分がやりたいこと、やるべきことが明確にイメージできる。

2,自分の時間が増える。

3,無駄な買い物が減る。

4,ストレスがなくなる。

パッと思い浮かんだだけでもこんな感じです。

でも、現代人が今一番欲しいものが詰まっているのではないでしょうか?

現代の日本は時間に追われ、ストレスとの闘いです。

自分のやりたいことがなんなのか?そんなこと考える暇や隙さえない。

しかし、世界でもほとんど誰でも知ってる超有名人の釈迦やイエスもミニマリズムをおすすめしています。

ちょっと試してみたくありませんか?