Neumann KM 184 Stereo Pair を導入。

先日新しくマイクロフォンを導入しました。

Neumann KM 184 Stereo Pair

Neumann ってどんな会社?!

ノイマンと読みます!

ノイマンは1928年にベルリンで誕生しました。

ドイツの老舗マイクロフォンメーカーです。

第二次世界大戦の時のドイツでは、「通信技術のため」「演説を民衆に伝えるため」にと、国家規模でマイクロフォンの技術拡大が行われていました。

ノイマンのマイクロフォンも国家規模で採用され、研究されていったと言われています。

当時のラジオは今でいうインターネットのようなもので、情報伝達、大衆に「何か」を届けるための最良の手段だったそうです。

なので、当然音質にも気を使い、、、というよりも音質は放送内容の次に大事な存在だったと言えます。

当時のドイツでは、臨場感と熱意、想いそれらをしっかり観る、伝えるマイクロフォンが要求され続けてきました。

そんなノイマンのマイクロフォンは、ドイツ国内の工場で一本一本丁寧に手作業で生産され、測定室で厳しい基準をクリアしたものだけが流通します。

こちらは、その様子が少し写っているサイトです。


初めて見たかも!?Made in Germany

最近はほとんどの製品でMade in Chinaです。

Japanも見かけなくなりました。

Made in Germanyは日本で生活しているとあまり見かけないため、珍しく感じると同時になんだか嬉しくなりました。

KM 184はこんな箱で届きます!

中身はこんな感じ!

なんとも高級感漂う木箱入りです。


さて、肝心の試聴音源ですが。。。

すみません。。。まだ用意できていないのです。。。

音源が確保できればすぐにアップしたいと思いますので、しばらくお待ち下さい!

指向性のペアマイク、オフマイクでの収録が特に素晴らしいとのことで、録音が今から楽しみです。

20世紀の数々の名演奏、名場面を記録し続けてきたノイマンのマイク。

その歴史に恥じない録音、そして演奏をPinocoaでも記録し続けていきます。

アースワークスのQTC 30(当サイト内ブログ)とノイマンのKM 184がセットでぴったり防湿ボックスに収まりました。

湿度がちょっと高めなので除湿剤を多めに投入。


リンク

Neumann KM 184 Stereo Pair