ペリカン 1510 [ Pelican ]

機材用のケースとしてペリカン 1510を購入。

そのレビュー!

ペリカン 1510をamazonにて並行輸入品+即納を28800円で購入。

正規輸入品の半額程度の価格。

アメリカのamazonでは179ドルでした。

アメリカから直接購入+送料よりちょっと高い目?くらいの値段です。

アメリカのホームセンターでは最安129ドルという値段もあるらしい。


ヤマト運輸のお兄ちゃんが焦る。。。

インターホンが鳴り、玄関出てみると、ヤマト運輸のお兄ちゃんが深刻そうな顔をして。。。

お兄ちゃん「大変申し訳ありません。箱潰れ、ダメージありとのことで届いています。。。」

僕「あ、いいですよ!はいはい!問題ないです!(この余裕は後ほどのレビューで)」

と判子を押そうとすると、

お兄ちゃん「中身を念のため確認いただけないでしょうか?」

何度も謝るので。。。

僕「お兄ちゃんが潰したわけじゃないんやし、いいじゃないですか。何かあれば会社に保証させたらいいんだし。責任は上司に取ってもらいね(笑)」

というと安堵の顔をしていました。

ダメージ品が届いたら配達のお兄ちゃんを怒鳴りつける人も中にはいるのでしょうか。。。

まあ当然中身は問題なく、アメリカの商品らしく、チップでも渡そうかと思ったんですが、そそくさと走って行ったのでそのまま。

近年言われているヤマトの過酷な状況や過剰包装などが脳裏に浮かびました。

はっきりいって、箱潰れ、ダメージ??!どこが?!という感じ。

言われてもどこかわからないほど。

本当に客に気を使いすぎです。運んでやってる感もう少し出していいと思います。

さて、今日は運送業界の話ではなくて、、、ペリカン 1510ですね!


頑丈!とにかく頑丈!

以下Amazonの説明ページより抜粋ですが。

●プロテクト能力に優れ、軽量なボディデザイン 

●自動調圧バルブ

●ケースは化学物質に対して抵抗力があります  

●IP67の優れた防塵、防水性。

●ダブル・スローラッチは軽く引くだけで開けられます 

●エアパージバルブ圧力を均一化、フタが開けやすい

●南京錠を通す穴には金属プロテクターが取り付けられ、より丈夫になっています

●O型密封リング 外寸:約 H56 x W35 x D23cm 内寸:約 H50 x W28 x D20cm  重量:約 5.5kg


防滴じゃなくて、防水です!

その頑丈さは触ってみると理解できます。

多分バンガードのハードケース同様に普通の車くらいに踏まれてもビクともしないでしょうし、刃物なんかももちろん弾くでしょう。(実は開封時、中身の確認を頼まれたので急いで開封、カッターを少し深く入れて当たってしまったのですが、当然痕はなく、無傷でした)

さて、こちらは

Case with Foam

というスタイルですので、間仕切りタイプではありません。

なので、ピチピチに収納することができます。

カッターでしっかりサイズを測りながら丁寧に切り取っていきます。

この状態から切り取って、切り取り後がこちら!

↓↓↓

昔から手先が不器用でこういう図画工作系は苦手です。。。(ピアニストのくせに)

切り取りの痕がかなり目立ちます。。。

ここにマイクロフォン2セットと、Zoom F4 レコーダーを収納。

一番左、Km184はかなりぴったりギリギリなのでビクともしません。

真ん中QTC30は少し隙間ができましたが、乾燥剤を入れて微調整。

Zoom も乾燥剤で微調整します。

これだけしっかり収納していれば、どんな過酷な現場へも録音しに行くことができます。

ケースは防塵防水ですから、砂漠にももっていけますし、砂がかかればケースごと洗い流すことも可能。

飛行機ではもちろん極力機内持ち込みですが、万が一預けなければいけない時なども、投げられても踏まれても飛んでいってもかなり余裕が持てます。

またゼロハリなどと違って、この材質、このデザインですから多少の傷は気にならないでしょうし、相当数つかないと発見もできないでしょう。

さらに素晴らしいのが、蓋のヒンジ部分にロックがかかるようになっており、突然誰かがあたったりして閉まったりすることもありません。

手で持って力を入れないと締まらないので、このようにマイクロフォンを置いたりしていても安心です。

唯一の欠点は!?

人によっては欠点になるかもしれない点は重いこと。

僕個人的にはこの重さは信頼の証だと思っていますが、中身も入れると5.5kg以上はあるので、女性の場合、座った態勢から片手で持ち上げるのは難しいかもしれません。

あとはキャリー機能がついていて転がせるのですが、タイヤ部分が少しチープすぎないかな?という印象です。

そのあたりはゼロハリやサムソナイトなどのブランドに比べるとかなり不安要素ではあります。

壊れる時というのはおそらくタイヤ部分でしょう。

基本的には車がある場合は、先日ホームセンターで買った、紫の台車にオレンジの取っ手がついた、とってもキュートなピノコアカート(勝手に命名)を積極的に使っていきたいと思っています。

かなり頑丈な

ペリカン 1510

非常に大切な機材や高価なものを持ち運ぶ時にはおすすめです!