Phantom 4 Advanced オプションで揃えたもの。

Phantom 4 Advancedを購入する際に別売りで揃えたものをご紹介します。

参考になれば幸いです。

まず追加で購入すべき絶対のオプションはこれ!

1,プロペラの予備×(2セット)

2,モニター(ipad mini 4を購入)

3,予備バッテリー×(2セット)

1,プロペラは消耗品ですので必ずスペアは必要です。

そして、先日の大麦の動画を収録した際には発着陸で田んぼの草などでかなりプロペラにダメージがありました。

まだまだ飛ばせるレベルですが念には念を。。。。交換しました。

ローテーションするのもいいかもしれませんが、300分フライトを基準に交換していこうと思っています。

2,次にモニターですが、Phantom 4 Advanced+にはついているのですが、 Phantom 4 Advancedにはついていないので、別途購入。

ipad mini4を買いました。

ipad air やipad proとかなり迷いましたが、やはり小型軽量重視。

ipad mini 4は他にもkindleやSlackを使ったPinocoaの会議、語学学習、PDF書類の管理などに重宝しています。

3,予備バッテリーは必須。。。けど高い。

大容量のものになって、飛行時間は30分近くなりましたが、安全安心なフライトのためにはやはり20分付近までが限度。

実際に17~8分でリターンホームの警告が出ます。

警告後も7~8分くらい飛ばせますし、かなりの飛行速度も出ますのでよほどでない限り帰ってこれないということはないでしょうが、念には念を。

予備バッテリーはなんと正規ストアで購入すると一本2万円。

本体についているものが一本、他は某オークションで大容量モデル新品未使用品をそれぞれ、16500円送料無料と、17000円+送料500円で揃えました。

オークションで結構安く買えたと思います。


次に必須ではないけど、あってよかったと思うアイテム!

 

1,DJI Phantom 4とPhantom 4 Pro対応 バックパック

※リンクを貼っておきます。

いろいろと悩んだ末に値段とレビューで決めました。

これ、レビューでも高評価ですが、かなりおすすめです。

付属の発砲ケースをそのまま使うのでなんか無駄がない気がしますし、使い勝手もかなり良い。

本体と別に上の部分には富士フィルムX70とバッテリーを収納。

外ポケットにはipad mini 4と必要なもの+何かを入れれます。

おまけに背中に背負えるので移動も楽。

ただし、結構イメージしているよりも厚みがあるので、何度か振り返り際にぶつけてしまいます。

あと、もうひと押しだな~と思うのはなんらかの方法で、中の発砲ケースが半開きになるように工夫があると最高でした。

開けるときに発砲ケースは途中で止まりませんから全開になってしまいます。

全開になると結構スペースを取りますし、邪魔です。

紐かマジックテープを付けて半開きにするともっと使い勝手はもっと良くなります。

2,Roiciel プレミアムライトニングUSBケーブル

※リンクを貼っておきます。

ipad mini 4と送信機を接続するために購入。

ipad mini 4を充電する際についているケーブルでももちろんokなのですが、長さと、充電用をいちいち持ち出すのが面倒なので、購入。

これの0.25mがもうこれだけのためにあるのか?!というくらいぴったりの長さ。

送信機にはつけっぱなしでケースに入れています。

プロペラガードなどは今のところ検討していません。

プロペラガードは付けると障害物衝突防止センサーが機能しなくなるんだそう。

目視で安全に運行していれば問題ないかと思いますが、やはりせっかくついている高機能なので使っていきたいところ。

室内での飛行の際は必要になるかもしれません。

が、室内ではGPSの機能も弱まる、もしくは使えないケースもでてくるので、安定したホバリングが望めません。

室内では当分使う機会はなさそうです。

みなさんの参考になれば幸いです。