ロシアの車

先日ロシア製の面白い車を見つけたのでFacebookでシェアしてみました。

結構共感してくれる方が多くて嬉しい限り。


その車と、ロシア製の他の車会社を少し紹介したいと思います。

ロシアの新興企業が放つマイクロEV「ミロー」が革新的すぎる!

全長×全高×全幅は2695mm×2045mm×1980mmとのことで、車内もかなり背が高いと想像できる。

リアから乗り降りするらしく、これに関しても意外といいかもしれない!

例えば、小さなお子さんなどが、助手席から後方確認もせず盛大にドアをフルオープンする様は危険極まりない。

実際原付や自転車の激突事故は相次いでいるかと思う。

その点この車はリアからの乗り降りなので狭い日本の駐車場でも活躍間違いなし。

さらにボディは3Dプリンターで出力可能とのことで、補強や修復もかなりローコストで可能だと想像できる。

さらにさらに、魅力的なのはその予想価格〜3500ユーロからなので、50万前後から買えることになる。

四人乗りだけど、後ろ2席を潰して荷室にすればかなりの荷物を詰める二人乗りのEVになる。

これは非常に魅力的な車だと思いました。

全長と高さのバランスから横風などは注意が必要かもしれませんが、EVなのもあり、下道でゆっくり移動すればいいと思います。

関西圏の人ならわかると思いますが、例えば大阪〜神戸までは不思議なことに阪神高速よりも43号線か2号線かが空いていれば下道の方が早いケースもあるくらいです。

高速が下道に比べて圧倒的に効率がいいとも言い切れないかと思います。

このボディで長距離高速を目的とはできませんが、普段の脚+ちょっと遠出!くらいは最高の車かと思いました。

友人の技術者がこぞってタイヤが気になるといっていました。

イメージ写真を見る限りタイヤは確かにどんな仕様なのか気になるところ。

エアレスだとするとそんなにスピードを想定せず、ロシアでの用途は子供の幼稚園や学校の送迎くらいの感覚なのかもしれません。

いずれにしても発売が正式に決まれば購入候補第一になるでしょう。


他のロシア車といえばどんなものがあるでしょうか?!

おーーーーかっこいい!と思ったのはこれ!

УАЗ

の中でも

УАЗ Хантер

という車種、こういうの結構好きだったりします。

価格が519,000ロシアルーブル。

日本円でジャスト100万くらいです。

安い!!!

中古車だとどれくらいの値段になるのか!?

今度調べてみたいと思います。


続いてはトラックの専門店!

КАМАЗ

トラック専門店といえどもなんと装甲車の販売もしていて、お金があれば一般人でももちろん買えるそう。

さすが軍事大国ロシア。

それはそれは日本では考えられないくらいの巨大なものもあるそうです。

PVを発見!


最後はこれ!

лада

普通の車が並んでいます!

これもだいたい100~200万くらいでしょうか。

日本と比べると新車価格が随分安く感じます。

耐久性や性能はどんなものなのでしょうか。

一度乗ってみたいと思っています。

ロシアはレンズやマイクなども含めてドイツの技術が大量に流れている経緯があるので、車に関してもドイツ車に近い乗り心地があるのではないかと想像しています。

カメラレンズなどはドイツの技術をベースに今や独自のブランド力を確立しているくらいですから、車の方ももしかすると、ドイツ車と変わらないかそれ以上の独特の乗り心地があってこの値段で買えるのかもしれません。


まだまだ謎だらけのロシア。

また何か調べたら紹介したいと思います。


リンク

Pinocoa総合プロデューサー:服部 洸太郎