みなさんは仕事中座っていますか?

シドニー大学の研究で、世界20か国の成人を対象に、平日の座位時間を調査した結果、日本人が最長で一日約420分=7時間で20か国中でNo1になりました。さてさて、このNo1の称号は名誉あるものなのか?それとも。。。。

どうやら座りすぎると健康によくないことがたくさん起こるそうです。

例えば、座りすぎると

記憶に関する脳の重要なエリアが縮小するという説

立っているときに比べるとカロリーは半分しか消費されないという説

インスリンの反応に悪影響を及ぼすという説

体脂肪が増えるという説

うつ病や不安になるリスクが上がるという説

骨が弱くなるという説

血栓。。。。これは俗にいうエコノミー症候群!これはみなさん感じたことがあるのではないでしょうか?というわけで、こうたろう個人的にも感じるので説を外しました。

他上記は研究があったと記載されたデータのみで、実証や証明はされていないんじゃないかな?というものだったので説としました。

他に、ある会社ではスタンディングデスクに変えたところ、生産性が最大で10%上昇したとのことでした。

こういった情報を収集するとスタンディングデスクはすごく良いもの!!!という印象があります。

ところが、海外では60代の男性がスタンディングデスクを取り入れて、逆に足腰を悪くしたケースもあるようです。

なるほど、、、わかります。

スタンディングデスクこそ至上のワークスペースだ!と決めつけてしまわないようにしなければいけません。

ファーストクラス症候群という言葉がないように、ファーストクラスのようなワークエリアだと健康に悪くないかもしれないし、足腰が弱っている高齢のデスクワーカーにとっては、ファーストクラスのような環境の方が生産性がアップするかもしれません。


このスタンディングデスクを考える時にふと思いつくことがあります。

僕は大学ではジャズを専門に勉強し、卒業後も少しジャズミュージシャンとして活動していました。

ジャズ音楽は例えば、オーソドックスな編成だと、ピアノトリオは、ピアノ、コントラバス、ドラム、ここにフロント楽器と呼ばれる管楽器が入り、編成されていきます。

さて、、、仕事中(演奏やリハーサル)座っている人は誰か。。。。

そう、ピアノとドラムだけなんですね。(リハーサル中座る管楽器奏者もいますし、例えばビックバンドなどになると様子は変わります)

コントラバス奏者はよくカウンターチェアのような、背の高い椅子を用意して疲れたら腰掛ける。。。などの人も見かけます。

しかし、基本はみんな立っている。

で、何がいいたいかというと、ヘルニアになったり、腰がキてる。。。。と話すミュージシャン、だいたいピアニストとドラマーなのです。

僕も一度ヘルニアの手術を受けています。

もう真っすぐに立つこともできず。。。この話はまた別記事で。

例えば、日野元彦さんなどはヘルニアで有名?というか、大学の授業で日野皓正さんが話していました。

ドラマーはとにかく腰が痛い人が多いイメージです。

練習、リハーサル、本番、すべて座ってます。

練習というと、プロのミュージシャンを目指す+プロとして維持していくためには最低でも一日6時間以上(?こうたろう持論です(笑)は練習しなければいけません。

そこはやはりコントラバス奏者との差がでて当然の結果かな??とも思う次第なのです。

ピアニストもよくヘルニアや、腰の痛み、首のヘルニア、整体関係でよく悩んでいるというイメージ。

ドラマーからプロの整体師に転職した人も二人知っています。(それだけ問題を抱えているということなのかも。。。?)


さて、という実体験?もあり、スタンディングデスクはある程度の効果はあると個人的に考えています。

が、絶対スタンディングデスクがいい!!!!というわけではなく、体調や、その他抱えている整体関係の疾患などで検討されることをおすすめします。

肝心なのはエコノミーで飛行機に乗っているわけでもないのに、仕事中にエコノミー症候群を発症してしまうのを防ぐ!!!ということ。

座位を採用されている方も定期的に血の巡りをよくするなどの対策を取ってみてください。

それだけでも違いが出てくると想像できます。

僕はヘルニア経験があり、あの痛みだけはもう二度と体験したくない一心で、スタンディングデスクを採用しています。

ピアノもかなり高い位置!地面から鍵盤まで108㎝あります。(煩悩の数と一緒だ(笑)

※もちろんピアノ学習者には絶対におすすめできません!これでは正しいペダリングをマスターすることはできません。ペダル操作は指を動かす以上に大切な動作なので絶対に真似しないでください。

個人的な見解にはなりますが。

集中力アップ

足の筋力強化

空腹の緩和

メンタル強化

などを感じました。

あと、なんとなくですが、作業終了後の後片付けが楽になったような気がします。

しっかり整理整頓しておくと翌日作業開始のときに気持ちが晴れやかになりますからね。


ではでは本日はスタンディングデスクについての考察でした。