IMG_20180302_160630_840

Rolleiflex  フィルム 取り出し方

前回の記事「Rolleiflex  フィルムの入れ方」に続き、本日はフィルムの取り出し方について書きたいと思います。 Continue reading “Rolleiflex  フィルム 取り出し方”

DSC00268

こなや音楽祭 2017 ご来場ありがとうございました。

昨日無事に本年度のこなや音楽祭を終えることができました。

出演者の皆様や応援してくださった方々のお陰で素晴らしい演奏会になりました。


Continue reading “こなや音楽祭 2017 ご来場ありがとうございました。”

DSC_5407

尾道で、大人の御遊び。

こんにちは!ピノコアプロデューサーの服部洸太郎です。

7月22日に尾道で開催された花火大会御食事会にこなやの垂井ご夫妻と、やないさんと一緒に、ピノコア代表として、また一人の芸術家としてお招きいただきました。


非常に歴史ある花火大会。

大人の御遊び会主催の村上氏が、尾道にある、「魚信」(うおのぶ)という料亭旅館の一室を貸し切って開催。

尾道は商人の街、有名どころでいうと、住友財閥や、三菱財閥の発祥の地になります。

県庁所在地が尾道になるという話が出た際、商人たちは商売がやりにくくなると猛反対し、白紙になったそうです。

岩崎 弥太郎も尾道に多く滞在し、所縁の地となっています。

また、歴史的にも大変面白い街で、古くは石見銀山の流通経路にもなっていて、独自の貿易通貨発行システムを持っていたとも言われています。

海外との貿易も複雑な工夫がいくつも折り重なり、独特の貿易術を持つ尾道。

そんな超個性的な街で巨大な花火大会が行われました。

尾道の人口が約30万人に対し、花火大会の参加者はざっくり60万人程度は訪れるそう。

街全体が一つになり動いていきます。


大人の御遊びとは!?

昔の商人や粋な人たちは花火大会で今回のように、料亭を貸し切り食事と酒と宴を楽しんだそうです。

彼ら彼女らは花火を見ることなく、自分が出資した花火の時間になると、「そろそろ俺の花火じゃねえか?」「これは俺の花火の音じゃねえか?」などど話ながら宴を楽しんでいたそうです。

なんとも粋な飲み方。

そんな粋な飲み方を再現しましょう~!という会なのです。

豪華なコース料理と、花火と、三味線の演奏付きで贅沢な宴会を味わいました。

室内はかなりこだわった空間、そしてそのこだわりを露骨に出すことは一切なく、通常なら見えない場所にこだわりを見出していました。

例えば天井などもそうですし、さっと置かれている置物や軸も見れば見るほど趣を感じます。

19時半からの打ち上げ、18時を過ぎる頃になると海の方へも船が出て海上から花火を楽しむ方も。

海上から寝そべって見上げる花火もまた面白そうですね。

花火の打ち上げより少し早く宴会のコース料理が運ばれてきました。

なんと、なんと、なんと、、、今月に入って三回目のおこぜ料理!

贅沢な食材です。

他にも、広島県の和牛や、ウニご飯、煮物、そして、やはり外せないのがおこぜの唐揚げ、見事にサクサクっと揚がっていました。

お酒は地酒「酔心」。

こいつがまた美味い!

少し重めの日本酒で、料理が負けてしまわないように、煮物などの塩分も気持ち多めに調整されている。

料理と酔心の絶妙なマリアージュを楽しむことができた。

BGMは生演奏。

三味線の名手龍之介氏とそのお弟子さんたち。

篠笛に太鼓もついて、トリオでの演奏でした。

オリジナルを積極的にどんどん演奏する姿勢は本当に素晴らしいと思いましたしとても印象的でした。

伝統芸能だからこそ、伝統を重んじ基礎を大切に、少しだけ自分のエッセンスを加えて調理していく。

とても盛り上がりました。

こなやの健さんとは隣席でした。

同じくらいの量の酒をだいたい同じペースで飲み、一緒に花火を楽しみました。

しっとりいい感じに仕上がりました。

それにしても健さんの和服の着こなしはさすが。。。そのままモデルになれそうなほどぴったりはまっていました。


そして、御歳85歳になられる女将さんで松林さん。

松林さんは尾道の生き字引とも言われる方で、尾道の表はもちろん裏の裏まですべてを知り尽くしている方です。

尾道では現在松林さんしか唄える人がいないという「尾道小唄」を披露してくださりました。

松林さんは13歳からこの世界に入り、鍛えてこられた筋金入りの女将。

尾道で多くの時を感じ、多くの人々に出会い、未来の歴史へと繋げていく。

カメラを向けると必ず振り返ってくれます。

何度向けても必ずこちらを見てくれます。

お開きの時もたくさんの人からカメラを向けられていましたが、そのすべてに全力で対応。

何度カメラを向けても同じ姿勢、同じ角度、同じ笑顔。

プロだな~と実感しました。


村上氏の人間の大きさ、器を見ました。

これだけ粋な遊びができて、何よりも「ゲストに楽しんでもらいたい」という本当に熱い想いが伝わりました。

終始ゲストへの目配りを怠ることなく、全体をしっかり見渡し、一人一人としっかりコミュニケーションを取っていく。

そして御遊び会の主催ですが、前面に出すぎることはなく、絶妙な塩梅で会の空間に佇む。

アーティストとしても、大人としても、身体も大きいですが、本当に大きな大人だと感じました。

そしてやはり酒が強い!とにかく強い!

「終わってからしっかり飲みますから」と言いながら、僕や健さんの倍以上の酒を一人で飲んでいた。

そしてそのあとも飲みなおしということで、ウイスキーや日本酒がどぼどぼっと空く。。。

ウイスキーが麦茶に見えてくる(笑)

結局その日は会が終わっての飲み会も含めて18時半頃~翌朝3時まで飲むことに。

その後しっかり寝て、翌朝は久井の岩海まで水音の収録へ。

その模様はまた後日別記事にて紹介したいと思います。


リンク

写真家:村上宏治

ピノコアプロデューサー:服部洸太郎

km184-12mp3

ロシアの車

先日ロシア製の面白い車を見つけたのでFacebookでシェアしてみました。

結構共感してくれる方が多くて嬉しい限り。


その車と、ロシア製の他の車会社を少し紹介したいと思います。

ロシアの新興企業が放つマイクロEV「ミロー」が革新的すぎる!

全長×全高×全幅は2695mm×2045mm×1980mmとのことで、車内もかなり背が高いと想像できる。

リアから乗り降りするらしく、これに関しても意外といいかもしれない!

例えば、小さなお子さんなどが、助手席から後方確認もせず盛大にドアをフルオープンする様は危険極まりない。

実際原付や自転車の激突事故は相次いでいるかと思う。

その点この車はリアからの乗り降りなので狭い日本の駐車場でも活躍間違いなし。

さらにボディは3Dプリンターで出力可能とのことで、補強や修復もかなりローコストで可能だと想像できる。

さらにさらに、魅力的なのはその予想価格〜3500ユーロからなので、50万前後から買えることになる。

四人乗りだけど、後ろ2席を潰して荷室にすればかなりの荷物を詰める二人乗りのEVになる。

これは非常に魅力的な車だと思いました。

全長と高さのバランスから横風などは注意が必要かもしれませんが、EVなのもあり、下道でゆっくり移動すればいいと思います。

関西圏の人ならわかると思いますが、例えば大阪〜神戸までは不思議なことに阪神高速よりも43号線か2号線かが空いていれば下道の方が早いケースもあるくらいです。

高速が下道に比べて圧倒的に効率がいいとも言い切れないかと思います。

このボディで長距離高速を目的とはできませんが、普段の脚+ちょっと遠出!くらいは最高の車かと思いました。

友人の技術者がこぞってタイヤが気になるといっていました。

イメージ写真を見る限りタイヤは確かにどんな仕様なのか気になるところ。

エアレスだとするとそんなにスピードを想定せず、ロシアでの用途は子供の幼稚園や学校の送迎くらいの感覚なのかもしれません。

いずれにしても発売が正式に決まれば購入候補第一になるでしょう。


他のロシア車といえばどんなものがあるでしょうか?!

おーーーーかっこいい!と思ったのはこれ!

УАЗ

の中でも

УАЗ Хантер

という車種、こういうの結構好きだったりします。

価格が519,000ロシアルーブル。

日本円でジャスト100万くらいです。

安い!!!

中古車だとどれくらいの値段になるのか!?

今度調べてみたいと思います。


続いてはトラックの専門店!

КАМАЗ

トラック専門店といえどもなんと装甲車の販売もしていて、お金があれば一般人でももちろん買えるそう。

さすが軍事大国ロシア。

それはそれは日本では考えられないくらいの巨大なものもあるそうです。

PVを発見!


最後はこれ!

лада

普通の車が並んでいます!

これもだいたい100~200万くらいでしょうか。

日本と比べると新車価格が随分安く感じます。

耐久性や性能はどんなものなのでしょうか。

一度乗ってみたいと思っています。

ロシアはレンズやマイクなども含めてドイツの技術が大量に流れている経緯があるので、車に関してもドイツ車に近い乗り心地があるのではないかと想像しています。

カメラレンズなどはドイツの技術をベースに今や独自のブランド力を確立しているくらいですから、車の方ももしかすると、ドイツ車と変わらないかそれ以上の独特の乗り心地があってこの値段で買えるのかもしれません。


まだまだ謎だらけのロシア。

また何か調べたら紹介したいと思います。


リンク

Pinocoa総合プロデューサー:服部 洸太郎

 

IMGP3512

Earthworks QTC30 Matched Pair

Pinocoaがメインマイクに採用しているEarthworks QTC30 Matched Pairの実力は!?

Continue reading “Earthworks QTC30 Matched Pair”

imgp2606

Kotaro Hattori SOLO Concert

Pinocoaの代表Kotaro Hattoriが長い沈黙を破り、ついにコンサートに出演。

先着限定30名のコンサートになりますので、興味のある方はお早めにご予約お問い合わせ願います。

Kotaro Hattoriの個人ホームページにて、コンサートの詳細な御案内ページがありますので確認してください。


[ 主催:こなや〜以下Facebookイベントページより抜粋 ]

 

 

 

開催 12月9日(金)

1部 19:00~19:40
2部 20:00~20:40
3部 時間無制限のお話会

入替無し(途中退席OK)

参加費 「Pay What You Want (PWYW)」方式
(価値を自分で決めて全員が支払う)
0円~上限110万円/一人(物納可)

参加資格 年齢、職業、性別は不問。
ただし洸太郎の音楽を
一度でも聞いたことのある人に限定。
なければユーチューブにて試聴のこと

募集人員 30人(参加人数が一杯になると締切ます)

撮影・録音 お断り(ただし演奏中)


[ 試聴先 ]

Youtube Kotaro Hattoriの最新のアップロード
King Crimson – Moonchild Cover

個人ホームページで公開の楽曲

Music Works


Kotaro Hattori & Achim Tang Duo project
ドイツでのデュオプロジェクト
ドイツ人エンジニアが世界で最も高額な高級マイクを並べてレコーディングしました。
Kotaro Hattori & Akihiko Goto Duo project
DC録音プロジェクトは日本で追求できる最も高品質なオーディオ作品だと言えます。
市販品マイクではないため、日本でも数名のエンジニアしか取り扱いできない特殊なレコーディング環境にスタイウェイのフルコンを使った最高の環境での録音です。
Hikari Kuwachi & Kotaro Hattori Duo project
ポップスの伴奏プロジェクトでした。
Kotaro Hattoriが演奏するJPOPをお楽しみください。
Kotaro Hattori & Takumi Seino Duo project

「核戦争による人類滅亡の恐怖を描いた恐ろしい作品」になっており、ライブ当日恐怖で夜眠れなかったと冗談まじりのクレームを入れた方が2名もいらっしゃいました。
CD化されていませんが、一部に根強いファンのいる独特な作品です。


Youtubeにて再生回数人気の楽曲

↓↓↓

Kotaro Hattori [ Free Jazz ] (フリージャズ) 

Kotaro Hattori [ 妖精の住む森たち]
Kotaro Hattori [ Animal dance ]
Kotaro Hattori [ バルトーク・ベーラに捧ぐ ~ 5つの変奏曲 ]


大麦・大麦粉の「こなや」

imgp8684