TASCAM DR-100MKIII 購入のポイント3つ!音質チェックまで!

本日は機材の紹介です。ワンポイント録音はシンプルが故に非常に高度な技術ですが、シンプルな技術の最大のメリットはコンパクトなセッティングも可能だということです。

究極をいってしまえば、TASCAM DR-100MKIIIのようなレコーダーにマイクが内蔵されていればそれだけで録音ができてしまいます。

もちろんワンポイント録音もセッティング方法は様々で前日に宅急便を使わないと荷物移動も困難なほどになったりもします。

例えば、2018年の無線と実験の金田式DC録音カプセル分岐テストの時の様子。

録音エンジニアは当ブログでも度々登場するこうたろうの師匠五島昭彦氏。

手前のノートPCのゾーンはこうたろうがテスト録音するためのセットですが、それ以外はすべて五島昭彦氏のセット。

これでもワンポイント録音なんです。


さて、若干脱線しましたが。。。

みなさん、こういったハンディレコーダーを購入の際は何を基準に検討しますか?

よく内蔵されてるマイクの音質などのレビューを見かけます。

しかし、こうたろうは内蔵マイクはあくまで緊急用と考え(緊急ってなんだ?(笑)DR-100MKIIIアナログからデジタルへ変換するコンバーターの性能や、その他の機能で検討します。

※アナログからデジタルへ変換する部分をADC、逆にデジタルからアナログへ変換する部分をDACと呼びます。

結局はここの性能が一番重要で、音の良し悪しはすべてここで決まってしまうと言っても過言ではありません。

なのでここの選別に失敗すると、どんなに良いマイクを使っても、どんなに良いポイントにマイクを置けても、最高値は決まってきてしまいます。

ADCのチップは有名なものでここから選べば間違いない!というのが数種類。

そういったチップを上手に設計して今中国の深圳では安価で高性能なDACがたくさんでています。

1,DR-100MKIIIのADCはAKM製AK4558で、なんと二基搭載し、デュアルコンバートができるとのこと。

2,さらに、次が最大のポイントですが、デジタルインが搭載されているということ。

デジタルインが搭載されたフィールドレコーダーは発売当時ではこのDR-100MKIIIのみでした。

つまり、DR-100MKIIIはこのコンバーターの部分を非常に重要視しているということです。

もしも、音が悪くても外部のADCからこのレコーダーにデジタル記録することができます。


3,さらに、内蔵バッテリー+単三乾電池という仕様も非常に魅力的だと思います。


こうたろうはこのDR-100MKIIIに+WM-61Aというマイク素子を使ったマイクロフォンを使用します。

WM-61Aの性能については別記事で!

XLRコネクタはAKGのものを使用しています。

で、この携帯性の良さから、眼鏡にマイクをつけて録音!なんてことも可能になるわけです。

とりあえずこうたろうのセッティング→DR-100MKIIIに+WM-61Aの組み合わせで一つサンプルを聴いてみてください。


DR-100MKIIIに+WM-61A


ピアノソロのサンプルですが、いかがでしょうか?

プラグインは使用せずスッピンの音です。

そして、今回の比較音源は、このDR-100MKIIIの内蔵マイクの性能チェックということで、上記のサンプルと同じ条件で内蔵マイクのみでワンポイント録音してみました。

その結果がこちら↓↓↓


DR-100MKIII内蔵マイク


こちらは少しだけプラグインを使用してマスタリングしています。

いかがでしょうか?

このレコーダーは完全にワンポイント録音専用のレコーダーですので、内蔵マイクと入力された外部マイクの同時録音はできませんのでご注意ください。

最後に眼鏡セッティングでどんな音が録れるのか???ちょっと体験してみたくありませんか?

眼鏡マイク侮れません。

人間の頭ほど最高のマイクスタンドはないのです。

ノイマンからも100万円以上するダミーヘッドが発売されていますが、それだけ人間の設計というのはオーディオにとっては最高の選択なのです。

興味がある方は少し時間を割いて、DR-100MKIIIを使った疑似バイノーラル録音セッティング!ここからダウンロードして聴いてみてください。

1,シベリウス:もみの木 96khz/24bitのハイレゾ音源

2,観光都市尾道市の商店街の練り物屋さん 96khz/24bitのハイレゾ音源

3,観光都市尾道市の商店街の入り口から全体の様子 96khz/24bitのハイレゾ音源

4,観光都市尾道市の名所「千光寺」のロープウェイでのガイド案内の様子 96khz/24bitのハイレゾ音源

の4種類のファイルをご用意しました。

全てハイレゾ音源ですので、高音質で体験していただくことができます。

※システムの都合上アメリカドル表記となっております。
※これはロイヤリティーフリーではありません。


音源を購入


いかがだったでしょうか?

TASCAM DR-100MKIIIを使用したサンプルでみなさんの購入検討の応援ができれば幸いです。