スペイン語 【自己紹介】


※この記事は2020年3月7日に更新されました。

スペイン語での挨拶をマスターしたら次に自己紹介を覚えましょう。

→スペイン語で挨拶「こんにちは・さようなら」

とりあえず覚えよう

形式的にとりあえず覚えてしまいましょう。

encantado(a) / エンカンタード(ダ) → はじめまして
初めましての時はコレ! あなたが男性の場合はencantado(エンカンタード) あなたが女性の場合はencantada(エンカンターダ)
mucho gusto / ムチョ グスト → はじめまして
こちらも同じく初めまして。 こちらは、中米や南米で多く使われる初めましてです。 地域によって少しずつニュアンスや言葉遣いが違うので覚えておきましょう。

→国ごとに違うスペイン語

次は名乗りましょう

Soy(ソイ) ○○ → 私は○○
他にもMi nombre es ○○.(ミ ノンブレ エス ○○)などもありますが、これは英語で言うところのMy name is ○○に当たります。 文章や映画、ドラマなどの演出やナレーションシーンなどで使うことはあっても、日常で使うことはあまりないので、基本的にはSoyでOk! 日本語でも「私の名前は○○です」は特殊な使い方です。 語句を増やせば増やすほどミスは増えるのでできる限り少ない語句で伝わるように工夫していきましょう。

出身地を紹介

出身地って意外に盛り上がりますよね。

同郷だったり、縁のある土地などが一致したりして思わぬ友情関係に発展することも?!

Soy de Japón.(ソイ デ ハポン)→ 日本から(出身は日本です)
そのままカタカナでネイティブレベルで伝わってしまうところがスペイン語の醍醐味。 自信をもってそのまんまカタカナで発音しましょう。

→日本語とスペイン語が似てる?!決定的な理由とは!?

住んでいる場所はvivir(住む)を使って表現しましょう。

Vivo en Kobe.(ビボ エン コウベ)
→神戸に住んでいます。

Vivo cerca de aqui.(ビボ セルカ デ アキ)
→この近くに住んでいます。

何やってる人?!

これは初めましての相手はだいたい気になります。

聴かれることも多いのでスペイン語でのコミュニケーションに慣れないうちは先に言ってしまいましょう。

Soy ○○ → 私は○○です。
ここに職業の単語を埋め込めば完成です。 いくつかありそうな職業をピックアップしてみましょう。

ありそうな職業一覧

estudiante (エストゥディアンテ) → 学生

oficinista (オフィシニスタ) → サラリーマン・会社員

maestro / maestra (マエストロ(あなたが男性)/マエストラ(あなたが女性)) → 教師

professor (プロフェッサー) → 教授

趣味は?!

Young woman playing the grand piano

私の趣味はピアノを弾くことです。
Mi hobby es Tocando el piano.(ミ ホビ エス トカンド エル ピアノ)

私の趣味は料理をすることです。
Mi hobby es cocinar.(ミ ホビ エス コシナール)

私はアニメが好きです。
Me gusta anime.(メ グスタ アニメ)

ポイント!Me gusta
Me gustaはスペイン語圏で「いいね」の意味で使われています。

最後の決め台詞

¡Vamos a ser amigos!(バモス ア セル アミーゴス)
→友達になってください。

これで自己紹介&第一印象はバッチリです。

でも待って・・・一方的では終われませんよね。。。。

相手とのやり取りをしなければコミュニケーションはできません。

Related Post