ヨハン・ブルグミュラー (Johann Burgmüller)

Johann Friedrich Franz Burgmüller

1806年12月4日 – 1874年2月13日 (67歳没)

ドイツのピアニスト兼作曲家。

年表

1806年

ドイツのレーゲンスブルクで生まれ。

父はオルガン奏者・指揮者のヨハン・アウグスト・フランツ・ブルクミュラー(1766年 – 1824年)です。

母親はピアニストで歌手のテレーズ・フォン・ザントでした。

1829年 (23歳)

カッセルに移住。

ルイ・シュポーアとモーリッツ・ハウプトマンに師事しました。

ルイ・シュポーアについて(サイト内記事)

モーリッツ・ハウプトマンについて(サイト内記事)

1832年~1874年 (26歳~)

没するまでパリを中心に活動。

ピアノの小品やオペラ、バレエ音楽などを作曲しています。

ブルクミュラーが作曲した「25の練習曲 作品100」は、日本のヤマハがピアノ教則本として採用しています。

癒しの周波数432hで聴く「25の練習曲 作品100」(当サイト内)

弟のノルベルト・ブルグミュラー(1810年 – 1836年)も作曲家・ピアニストでしたが、26歳で夭折しました。