J.S.Bach French Suite No.5

概要

バッハがケーテンで過ごした1722年から1723年頃に作曲されたと考えられています。

イギリス組曲やパルティータに比べると比較的演奏は容易であるため、学習用教材としても使用されています。

この時期、バッハは先妻であるマリア・バルバラ・バッハを亡くし、15歳下のアンナ・マグダレーナ・ヴィルケと再婚しています。

アンナ・マクダレーナ・バッハ

1701年9月22日 – 1760年2月22日(59歳没) 。

ヨハン・ゼバスティアン・バッハの後妻で、ドイツの声楽家、作曲家です。

創作の意欲も衰えがなく、若さがみなぎるように本作をはじめ、多くの鍵盤楽器曲が残されています。

第5番ト長調の「ガヴォット」の自筆譜:引用 – Wikipedia

【432hz】PinocoaのYoutube 

0:00 Allemande

3:06 Courante

4:53 Sarabande

10:21 Gavotte

11:31 Bourrée

13:04 Loure

15:17 Gigue

その他のオススメ参考音源