【取り扱い注意】スペイン語 capo とは?!


※この記事は2020年3月7日に更新されました。

中米では特に注意して使いたい単語「Capa」についてお届けしたいと思います。

中南米に観光する際などに読んでみてください。

取り扱い注意 Capo (カポ)

Capoは直訳すると「頭」とか「トップ」や「ヘッド」などの意味になります。

しかし、各エリアによってそのニュアンスが違ってきます。

Capoは元々イタリア語が語源。

意味は??!
直訳では頭とか、トップの意味ですが、ニュアンスとしては、「マフィア組織のリーダーまたは犯罪者の一団のトップ」という意味になります。

日本語の感覚で言えば、「組長」とか、「族長?」などでしょうか。

マフィア組織のボスと言えば、アル・カポネが思い浮かびますよね。

名前は関係ありそうですが、特にそれらに触れている資料は見つかりませんでした。

中米では特に注意

「マフィア組織のリーダーまたは犯罪者の一団のトップ」 という意味がありますから、使い方によっては、相手に不快な想いをさせてしまうかもしれません。

目上の人を褒めるつもりで「capo」という言葉を使うと、少し違和感が残ってしまうことも・・・

それで相手が怒りだす!なんてことはないでしょうが・・・仮に初めましてのスペイン語圏の人に

「こんにちは!組長!」

って挨拶されたら、怒ったりはしないけど、「いやいや、ちょっとそれ治しておいた方が・・・いいかもよ??」って伝えたくなりますよね。

ところ変わってアルゼンチンでは・・・

ところが、南米のアルゼンチンでは同じ「capo」でも少しニュアンスが違ってくるようです。

意味はそのまま、「頭」とか、「トップ」とかで変化はないのですが、ニュアンスとして、

優れた人・偉い人・一番

などのニュアンスで使われるそうです。

確かに、マフィアのトップは偉い人で一番の人ですね。

中米では少し警戒される言葉ですが、アルゼンチンでは誉め言葉として使われるそうです。

例えば・・・

・経済学のカポ
・タンゴピアノのカポ
・投資のカポ

などなど。

日本語のニュアンスでいうところの、重鎮とか、神様(GODではない)などのニュアンスでしょうか?

漫画の神様:手塚治虫も、漫画のカポと言って通じます。

このように、中米と南米では同じカポでも持っているニュアンスが違うため、使い方に注意しましょう!

みなさんの参考になれば幸いです。

Related Post

【スペイン語聞き流し】Netflixのスペインドラマ ペーパーハウスが面白い!【スペイン語聞き流し】Netflixのスペインドラマ ペーパーハウスが面白い!

スリリング、ハラハラドキドキ、そしてちょっとずつ突っ込みたくなる要素も散りばめられた犯罪サスペンス?となっています。 教授と呼ばれる男が、犯罪歴のある男女8人をスカウトし、犯罪チームを作り上げます。