ムツィオ・クレメンティ (Clementi)

Muzio Filippo Vincenzo Francesco Saverio Clementi

ムツィオ・クレメンティ

1752年1月23日 – 1832年3月10日 (80歳没)

教皇領 ローマ生まれ。

ピアニスト, オルガニスト, チェンバロ奏者です。

生涯で約100曲ものピアノソナタを作曲しています。

ベートーヴェンは、「ピアノ曲に関してはモーツァルトの作品よりもクレメンティの方がピアニスティックで素晴らしい」と評価しているほど、高く評価されていました。

初期のソナチネは現代でもピアノ学習者、ピアノ学習者ではなくても音楽の教養を養うためにたくさんの人が取り入れています。

有名な「6つのソナチネ」op36

クレメンティと言えば、「6つのソナチネ」作品36。

元々は、裕福な貴族の学習用教材として書かれた作品でした。

1番から番号が増えるに従い、技術的に難しくなっていきます。

Op36-1

op36はは何回も改定されています。

フランスの作曲家であるエリック・サティは、1917年にソナチネ第1番を元にした『官僚的なソナチネ』を作曲しています。

年表

1752年

銀細工師の父ニコロとスイス人の母マクダレーナ(マダレーナ)との間に、7人兄弟姉妹の長男として誕生。

1759年( 7歳)

オルガニストの下でオルガンを学ぶ。

1761年( 9歳)

優秀な成績でオルガニストの試験に合格。

1779年(27歳)

王立劇場で指揮者に就任。

1780年(28歳)

春、パリへ旅行。

宮廷にてマリー・アントワネットの御前で演奏する。

1781年(29歳)

12月24日ウィーンにて神聖ローマ皇帝ヨーゼフ2世に招かれ、ロシアのパーヴェル大公(後のロシア皇帝パーヴェル1世)らをもてなす席で、当時25歳のヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトと共演します。

その後、モーツァルトは、父への手紙においてクレメンティを酷評しています。

「クレメンティは、素晴らしいチェンバロ弾きだが、単なるいかさま師で、趣味や感情のひとかけらも持っていません。要するに彼は単なる機械的演奏家なのです。」

モーツァルト

一方でクレメンティは後に回想でこのように語っています。

「私は、あのときまであれほど魂のこもった優美な演奏を聴いたことがなかった」

クレメンティ

1782年(30歳)

ロンドンに拠点を構え、ピアニスト・教師・作曲家として活動します。

またピアノ製作と出版にも携わります。

傾きかけた出版会社の社長を務め、ベートーヴェンとも直接会い、一部の楽譜の出版もこなしたと言われています。

1785年(33歳)

2月、母がローマで死亡。

1798年(46歳)

1830年頃までピアノ製作会社(ロングマン&クレメンティ。後のコラード&コラード)を仲間と共同で設立運営。

こちらが当時クレメンティが創ったピアノ。

1829年製造です。

後に1929年コラード&コラードはイングランドの楽譜出版&ピアノ製造会社であるチャペル& Co.に買収され1963年の火災でコラードとクレメンティの全ての記録が失われました。

1980年にはケンブルに売却されますが、2009年にケンブルはすべてのピアノ製造を終了しています。

memo

現在ケンブルはヤマハのブランドの一部となっています。

1804年(52歳)

前年ベルリンで出会ったカロリーネ・レーマン嬢(18歳)と結婚。

1805年(53歳)

8月8日息子カールが誕生、しかし9日後に妻カロリーネ死亡。

1811年(59歳)

26歳のエマ・ギズボーン(Emma Gisborne)と2度目の結婚をする。

1813年(61歳)

ロンドンに在住する音楽家30名にてフィルハーモニック協会を設立。

1816年までクレメンティは常任指揮者を務めます。

1814年(62歳)

スウェーデン王立音楽アカデミーの会員に選出される。

Check

1811年には、クンツェンが50歳でスウェーデン王立音楽アカデミーのメンバーに任命されています。

Friedrich Ludwig Æmilius Kunzen

1832年3月10日(80歳)

死亡。

ウェストミンスター寺院で静かに眠っています。