Roberto Álvarez (ロベルト・アルバレス)

バンドネオン奏者 RobertoÁlvarezによるColor Tango Orchestraは、1990年以来、タンゴシーンにおいて重要なオルケスタの1つです。

創業以来、途切れることなく、世界中で最も重要なタンゴショーやフェスティバルに出演し、また数多くの賞を受賞しています。

→コロールタンゴ公式ホームページ

主なレパートリー

レパートリーは、ロベルト・アルバレス自身の作曲と編曲を中心とし、巨匠オスバルド・プグリーセの曲などで構成されています。

→Osvaldo Pugliese (オスバルド・プグリエーセ)

ポイント

ロベルト・アルバレスは巨匠プグリエーセ楽団で長年第一バンドネオン奏者を務めたプグリエーセの正当な後継者です。

リリースされた11作のColor Tango CDは、世界中のすべてのミロンガで聴かれ、踊られています。

北米、ヨーロッパ、アジアの国々で特別版も作られています。

世界的トップダンサーたちが、数多くのショーのためにコロールタンゴの音楽に振り付をしショーを構成しています。

ロベルト・アルバレス

1940年5月7日、ブエノスアイレス州チャカブコで生まれました。

彼は8歳から、音楽理論の勉強をHéctor Marseletti(エクトル・マルセレッティ)と始めます。

14歳の時、師匠のオーケストラにバンドネオンの一人として加わります。

1965年から1975年の10年間、彼はチャカブコで自身のトリオを結成し(バンドネオン、ピアノ、コントラバス)、活動していました。

1978年には、巨匠オスバルド・プグリエーセからオーケストラのメンバーとして迎え入れられます。

1984年からオーケストラを去るまで、彼は第一ソロバンドネオンのポジションを保持し、25曲のオーケストラアレンジをし、プグリエーセは自身の楽団レパートリーとして取り入れています。

また、アルバレス自身が作曲した楽曲もプグリエーセ楽団でいくつか採用されています。

そのひとつ「Chacabuqueando チャカブケアンド」は、初演から大成功を収めることになります。

その他に“Maypa”, “Sigo aquí”, “Pilo”, “A Quinquela Martín”, “Contorneando”, “Tango a Pugliese”, なども非常に有名です。

アルバレスは数え切れないほどのツアーをし世界中を飛び回って活動してきました。

アメリカ、日本、中国、ヨーロッパのすべてや中南米全域を回っています。

1989年に現在でも続く「コロールタンゴ」を結成。

自分自身の培ってきた楽曲と、プグリエーセスタイルを編曲に存分に盛り込み、現在まで演奏を続けています。

彼は絶えず断言しています。

“Viví pendiente de la orquesta de Osvaldo durante los once años que estuve en ella y la camiseta de su estilo la seguiré teniendo puesta con Color Tango hasta el fin de mis días”
「プグリエーセのオーケストラにいた11年間、いつもそのオーケストラのスタイルに注意深く、忠実に生きていた。彼のスタイルのシャツは、私の最期の日までコロール・タンゴが着続ける」

Roberto Álvarez

コロールタンゴの名作

Pinocoa制作のタンゴ作品にゲスト出演

Check

巨匠ロベルト・アルバレスはPinocoa制作のタンゴ作品にゲスト出演してくれています。

ちなみにこちらの映像は同バンドでのゲスト出演なしの演奏です。