Mozart Piano Sonata No 11 (K331)

楽曲の概要

正確な作曲背景は判明していません。

最も有力な説は、1783年頃作曲されたとするものですが、一方、1778年頃にパリで作曲されたとする説もあります。

大きな特徴としては、ピアノソナタという形態をとっているにも関わらず、ソナタ形式による楽章を含まない点です。

古典派ソナタの定義から外れてしまいます。

三楽章には日本でも有名なトルコ行進曲が含まれています。

このトルコ行進曲は当時「打楽器ピアノ」と呼ばれる専用のピアノがあったことも有名です。

機会があれば、Pinocoaで現物写真の取材をしたいと思いますので、ご期待ください。

PinocoaのYoutube

その他オススメ参考音源