Matplotlib:34日目 Matplotlib で日本語表示

Matplotlib で日本語を表示させる

プログラミングの分野だと日本語を使う機会はそんなに多くないと思います。

しかし、仕事の都合でどうしても使わなければいけない場合や、どうしても日本語表示しなければいけないプレゼンテーションで使う場合も出てくるかもしれません。

そんなときは日本語パックがありますので、インストールして使いましょう。

ライブラリーのインストール記述

こちらを記述してインストールしてみましょう。

!pip install japanize-matplotlib

シフト+エンターでインストールが始まり、自動で完了します。

このような画面が現れましたか?!

インストールが成功していれば完了です。

次にインストールしたライブラリーを読み込みます。

import japanize_matplotlib

それで前回表示させたグラフを日本語表示させてみましょう。

x = [1,2,3,4,5]
y = [1,4,9,16,25]
plt.plot(x, y, marker='o')
plt.xlabel('yoko')
plt.ylabel('tate')
plt.annotate('こうたろうが買った場所', xy=(3, 9), xytext=(1, 15), fontsize=15, color='r',
             arrowprops=dict(color='r'))
plt.title('')
plt.show()

ばっちりですね。

Kotaro
Kotaro
フォトグラファー, サウンドデザイナー, 投機家。
ドイツで制作したピアノアルバムをリリース後「金田式電流伝送DC録音」専門スタジオにアシスタントとして弟子入りし裏方へ。
現在は独立しKotaro Studioで「誰かのためにただここに在る」をテーマにアルゼンチンタンゴとアメリカの古典音楽の歴史を研究しながらコンテンツを制作中。
小学3年生の頃、読書感想文の賞金である図書券で2冊の投資関連の本を購入したのをきっかけに投資に興味を持つ。
当サイトでは金融の歴史も含め関連するデータやスキルもアーカイブしていきます。
左脳を使うのに疲れたらKotaro Studioの音楽コンテンツも是非ご覧ください。