Matplotlib:35日目 複数の線グラフを表示(numpy)

複数の線グラフを表示

まずはnumpyをインポートしましょう。

ポイント

NumPyは、Pythonにおいて数値計算を効率的に行うための拡張モジュールです。
数値計算を行うための型付きの多次元配列のサポートをPythonに加え、それらを操作するための高水準の数学関数ライブラリを提供してくれます。

import numpy as np
arr_x = np.array([1,2,3,4,5])
arr_x/2

arrayのリストを作成し、リストごと2で割ってみます。

array([0.5, 1. , 1.5, 2. , 2.5])

リスト内の数値がすべて2で割られています。

計算後のグラフを表示

では次に実際に計算しつつグラフを表示させてみましょう。

x = [1,2,3,4,5]
y = np.array([1,4,9,16,24])
plt.plot(x, y)
plt.plot(x, y/2)
plt.plot(x, y/3)
plt.xlabel('x')
plt.ylabel('y')
plt.title('Kotaro Marks Test')
plt.show()

このようにすると

ばっちり表示されていますね。

カラーコードで色を変える

ライブラリーチャレンジで勉強したマットプロットリブのカラー一覧から好きなカラーに変えてみましょう。

Matplotlib 表示カラーリスト(サイト内記事)

x = [1,2,3,4,5]
y = np.array([1,4,9,16,24])
plt.plot(x, y, color='#ffd700')
plt.plot(x, y/2, color='#7b68ee')
plt.plot(x, y/3, color='#ff1493')
plt.xlabel('x')
plt.ylabel('y')
plt.title('Kotaro Marks Test')
plt.show()

カラーコード一覧の記事の中に原色辞典のリンクがありますので、好きな色のカラーコードを選んで遊んでみてください。

グラフの説明(凡例)を付ける

グラフに凡例を付けることもできます。

plt.plotの流れで

label

を記述しましょう。

忘れてはいけないのが

legend()

です。

これを記述しないと表示されないので注意しましょう。

x = [1,2,3,4,5]
y = np.array([1,4,9,16,24])
plt.plot(x, y, color='#ffd700', label='Test-1')
plt.plot(x, y/2, color='#7b68ee', label='Test-2')
plt.plot(x, y/3, color='#ff1493', label='Test-3')
plt.xlabel('x')
plt.ylabel('y')
plt.title('Kotaro Marks Test')
plt.legend()
plt.show()

このようになりました。

凡例のサイズ調整

plt.legend()

の中にフォントのサイズを記述しましょう。

x = [1,2,3,4,5]
y = np.array([1,4,9,16,24])
plt.plot(x, y, color='#ffd700', label='Test-1')
plt.plot(x, y/2, color='#7b68ee', label='Test-2')
plt.plot(x, y/3, color='#ff1493', label='Test-3')
plt.xlabel('x')
plt.ylabel('y')
plt.title('Kotaro Marks Test')
plt.legend(fontsize=20)
plt.show()

このようになりました。

ここまでくると随分といろんな使い方をイメージできるのではないでしょうか。

色を変えられると楽しいですね!

Kotaro
Kotaro
フォトグラファー, サウンドデザイナー, 投機家。
ドイツで制作したピアノアルバムをリリース後「金田式電流伝送DC録音」専門スタジオにアシスタントとして弟子入りし裏方へ。
現在は独立しKotaro Studioで「誰かのためにただここに在る」をテーマにアルゼンチンタンゴとアメリカの古典音楽の歴史を研究しながらコンテンツを制作中。
小学3年生の頃、読書感想文の賞金である図書券で2冊の投資関連の本を購入したのをきっかけに投資に興味を持つ。
当サイトでは金融の歴史も含め関連するデータやスキルもアーカイブしていきます。
左脳を使うのに疲れたらKotaro Studioの音楽コンテンツも是非ご覧ください。