pandas:26日目 DataFrameからDataを取得

DataFrameからDataを取得

列の取得

昨日の続きから列を取得してみます。

pandas:25日目 DataFrameの簡単な操作(サイト内記事)

必ずインポートが必要!

 

memo

pandasで昨日の続きから始める場合は、必ずpandasのimportから始めてください。

昨日の続きが出てきた場合にいきなり

df["Taro"]

を呼び出してもエラーとなります。

先頭に行き、順番にシフト+エンターで実行していけばOKです。

[type]でデータ型を取得

type(df["Taro"])

データフレームとして列を取得

次にデータフレームごと抜き出してみます。

df[["Taro"]]

データフレームとして抜き出せました。

type(df["Taro"])

DataFrameとして書き出されていることがわかります。

行を取得

df.loc["火曜日"]

で火曜日の行を取得できました。

.locで取得できるので、練習のためにも全行取得してみましょう。

行と列を指定して取得

df.loc["火曜日", "kotaro"]

これでばっちり取得できました。

[iloc]ナンバリングされた数字で取得する

一番最初は0に割り当てられることを忘れないようにしましょう。

Pythonのリストもナンバリングはすべて0から始まります。

df.iloc[:, 0]

今回のサンプルでいうと・・・

  • Taro = 0
  • Kotaro = 1
  • Masako = 2

となります。

df.iloc[:, 2]

だとこのようにMasakoが取得できました。

まとめ

ここまででとりあえず欲しいデータを抜き取ることができました。

もう少し大きなDataFrameなども作成し、何度も練習を重ねていきましょう。

Kotaro
Kotaro
フォトグラファー, サウンドデザイナー, 投機家。
ドイツで制作したピアノアルバムをリリース後「金田式電流伝送DC録音」専門スタジオにアシスタントとして弟子入りし裏方へ。
現在は独立しKotaro Studioで「誰かのためにただここに在る」をテーマにアルゼンチンタンゴとアメリカの古典音楽の歴史を研究しながらコンテンツを制作中。
小学3年生の頃、読書感想文の賞金である図書券で2冊の投資関連の本を購入したのをきっかけに投資に興味を持つ。
当サイトでは金融の歴史も含め関連するデータやスキルもアーカイブしていきます。
左脳を使うのに疲れたらKotaro Studioの音楽コンテンツも是非ご覧ください。