432hzピアノシリーズ(432hzと記載のある)の音源は、サンプリング音源であるNI社のNative Instruments Noireを使用しています。

モデルはヤマハCFX

ヤマハが誇るフルコンサートグランドピアノです。

CFXは2010年7月にリリースされ、希望小売価格は1900万円。

CFXは構想から販売まで実に19年の歳月をかけて開発されたまさにヤマハの頂点に君臨する名実ともに最高峰のピアノです。

リリースの翌年2011年の1月に、少しだけ奥行きの短いCFX6(1240万円)やCF4(1090万円)も発売されていますが、2010年から10年経った現時点でも現役バリバリでモデルチェンジされていないあたり、さすがは確固たる王者と言えるのではないでしょうか。

全パーツ職人の作業且つ、フレームも1台ごとに鋳造されており、ほぼオーダーメイドに近いほど、細かいところまで妥協せずに創りこまれています。

数々の弾き手を魅了するCFX

2015年のショパンコンクールでは、CFXの選定率が非常に高かったことがニュースになっていました。

2015年のショパンコンクールでは弾き手は4社の中か選ぶことができます。

例年最も多いのは王者スタイウェイ。

ところが2015年のコンクールでは1次予選前のセレクションで36名の弾き手がこのCFXを選び、なんと4社中一番人気だったのです。

2次予選では19名、3次予選では9名、ファイナルでは5名の弾き手がヤマハCFXを選択しました。

「最高のピアノでした。このピアノなら心に思い描いたすべてのことが表現できると感じました。とくに弱音のコントロールが信じられないほど繊細にでき、音色のグラデーションを楽しみながら演奏しました。このピアノに出会えて幸せです」

第2位のシャルル・リシャール=アムラン

「鍵盤に触れた瞬間に弾きやすいと感じ、音色の色彩感に惹かれました」

第5位のイーケ・(トニー)・ヤン

「イマジネーションが刺激されて、気持ちよく演奏できました」

第6位のドミトリー・シシキン

と絶賛の声が多数寄せられています。

さらに収録スタジオの音響が素晴らしい

このピアノは、バウハウス建築でも有名なベルリンのレコーディングスタジオFunkhaus Saal 3の環境で収録されています。

→レコーディングスタジオFunkhaus Saal 3

細部の質感までしっかりと捉えています。

弦の振動具合、高音のハンマーの感触、新品のピアノの低音を弾いた時のような絶妙の抵抗感。

モニターしていても本当に素晴らしい設備投資になったと感じています。

リバーブはスタジオの残響を使用

リバーブは極力このサンプリング音源の内蔵リバーブを使い、別途マスタリングでレキシコンのモデリングリバーブで調整しています。

さらにイコライザーを使い、432hzの倍音がよく響くサウンドをプロの音響担当が調整。

メドレーなどで使用されるフェルトアクション音源の場合は、逆にお休みの邪魔にならないように極力トゲの部分を削り、残響だけ心地よく残るように調整されています。

432hzをしっかり確認

制作過程でピアニストと音響担当の二重チェックでしっかり確認し、さらに最終調整前に念には念を入れ目視でもしっかりチェックしています。

安心して432hzの世界をお楽しみください。

クラシック&童謡はロイヤリティーフリー

元々は音響担当:こうたろうが在宅介護で432hzを流したところ、介護者がすごく穏やかに過ごせることに驚いて立ち上げたプロジェクトでした。

そのため、在宅でゆっくり過ごしていただくためのBGMや、保育などでのお昼寝タイムなど、その他総合的な癒しの時間のBGMに使ってもらえないだろうか?

という想いで制作しています。

著作権の残っているカバーはYoutube上でのご視聴のみとなり、ダウンロードなどはできませんが、クラシックや童謡は著作権が消滅している物も多く、ダウンロードしてロイヤリティーフリー音源としてお使いいただけます。

※再販&再配布及び公序良俗に反する利用はご遠慮ください。

動画制作やその他ご使用の際は、是非当ページかYoutubeチャンネルをリンクしてくださると嬉しいです。

この記事のライター

音響エンジニア:こうたろう

元ピアニスト。

金田明彦氏直伝金田式DC録音専門の「TMrec」で音響を学び、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」で映像を学ぶ、音響クリエーター&映像クリエーター。