誰にでも届けたい

サウンドヒーリング

Picnoaoのコンテンツは主に癒しの音、癒しの映像など、癒しを追求したコンテンツが多くなっています。

ヒーリング音響や、音楽療法などと呼ばれたりもしますが、世の中にはやはり「ここぞ」とばかりに高額な値段設定で音響のコーディネートや、サウンドヒーリングセッションを行うものも存在しています。

Pinocoa では「誰かのためにただここに在る」をコンセプトにしているため、音や音楽の専門家で長年研究したコンテンツを基本的に無料でサイトに掲載していきます。

癒しが必要な人すべての人が「ただここに在る」ものを受け取れる。

そんな場所にしたいと願っています。

非科学への盲信に注意

筆者はアーティストという立場上過去様々な方々との交流がありました。

中には詐欺に近いスピリチュアル商法を展開する人や団体であったり、詐欺に近いという自覚のないままスピリチュアル商法を展開する方もいらっしゃいます。

わたしたちの考え方では、医療に関する盲目的なスピリチュアル信仰や期待は大変危険だと考えているため、非科学的なものへの過度な期待は推奨していません。

目に見えないことをいいことに、音楽や音響を使った非科学的なアプローチで「〇〇で〇〇が治る」などを謳う団体や人も多く存在しています。

そしてそういった非科学的アプローチに自信満々な方々ほど、高額な施術料を請求しがちです。

もちろんお値段を決めるのは自由です。

これは「高額な料金を払ったのだからきっと効果があるはずだ!」というバイアスを創り出し効果を疑似的に創り出したりより強い効果を錯覚させるための古典的なビジネス心理学になります。
様々な謎の肩書きを生み出し並べている方や団体も、権威性バイアスを植え付けている可能性があり注意が必要かもしれません。

断言します。音はみんなのもの

音や音楽は地球に生まれた地球人みんなの共通財産です。

そこに振動がある。

そこに愛をインストールする。

音の専門家として断言しますが、「特定の団体や人物だけが知り得る秘密の技術や音は存在しません。」

密教でのマントラなど一部では特定の団体や状況でないと体験できない音響はあるかもしれませんが、それらも地球に存在する振動の一部です。

現代では音響解析なども進み、Youtube等で無料で体験することが可能です。

効果をどう感じるか?

効果をどう観測するか?

それもまた個々人の自由です。

私たちは多くの人が癒しを感じるであろうと推測されるもの、または多くの人が癒しを感じたという感想の多いものをピックアップし、整理。

それらを音響的にコーディネートし、「ただここに在る」を創り出します。

高額な料金を払っても、無料のものでも音の専門家が一生懸命吟味して制作した音源に差はありません。

音や音響に関する研究で医学的に再現性が高いと立証できた論文はまだ存在していません。

再現性が低く、「効果が期待できる」程度のものはいくつかあるようです。

はじまりは在宅介護

アルツハイマー型認知症と、循環器の病を抱え緩和ケアも含め約7年在宅介護を続けてきた筆者が音楽が好きな祖母のために、ピアノ演奏を収録したことがはじまりでした。

どうしたら癒されるのか?

ここで癒しの周波数と言われる432hzをコンピューターの調整で収録してみたところ、筆者自身もまた祖母も確かな居心地の良さと安眠効果を感じたため、そこから癒しの音やコンテンツを研究するきっかけとなりました。

在宅介護で身動きが取れない方が何をみたいのか?

何を感じたいのか?

「桜が見たい」「海に行きたい」いろんな意見を聞き、いろんなシーンを感じて欲しいと感じてきました。

要介護5となると24時間体制での介護が必要になるため、介護中は取材や研究、コンテンツ制作に関わる時間を取ることができませんでしたが、無事に祖母を見送ることができ、次は誰かのために時間を使うフェーズにはいりました。

「誰かの役に立つ人になりなさい」幼い頃祖母に言われ続けていたことでした。

祖母が筆者に残してくれた音楽の演奏スキル、音響の専門知識を誰かのために使いたい。

そんな一心でコンテンツ制作を進めていきます。