【プラネタリウム】ブエノスアイレス観光


※この記事は2020年2月26日に更新されました。

ブエノスアイレス観光でプラネタリウム?

というと意外な印象ですが、ブエノスアイレスのプラネタリウムは公園の散歩のついでにふらっと立ち寄れる感覚の場所にあります。

上映のみで、特に天体観測などをしていないため、非常にアクセスの良い場所にありますので、みなさんもどこかの観光のついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

ガリレオガリレイプラネタリウム

住所: Av. Sarmiento 1425

Planetario Galelio Galilei (ガリレオガリレイプラネタリウム)

レミースやタクシーを使う際は上記の住所か、地図を見せてくださいね。

→ブエノスアイレスでレミースの乗り方

→ブエノスアイレスでタクシーの乗り方

バリオはパレルモになるため、ブエノスアイレスの中でも比較的治安も安心な場所になります。

→バリオとは??

→バリオ:パレルモについて

1958年から建設開始され、1966年12月に完成しました。

1967年6月13日に最初の投影が行われ、付近の学校の生徒が招待されプラネタリウムオープンしました。

2017年には大規模な改修工事を行い、なんと8K映像を投影できるようになったそうです。

お値段など・・・

お値段はブログ執筆時点で200ペソ→約400円となっています。

月曜日が休館日なのでご注意ください。

→お値段などの情報ページ(プラネタリウム公式)

→ガリレオガリレイプラネタリウム公式ホームページ

基本的に1時間に一回上映されます。

館内はフリーWiFiが完備されていますので、接続することができます。

約400円で冷暖房完備な真っ暗闇の8K映像で休憩できるので、その辺のカフェでコーヒー飲むよりも優雅な空の旅を楽しめるかもしれませんね!

Pinocoa TVでは、周辺の映像や館内の様子なども紹介していますので是非ご覧ください。

→Pinocoa TV「南米のプラネタリウム!?ブエノスアイレス観光」

Related Post