ミヒャエル・フォン・プフベルク (モーツァルト関連人物)

Johann Michael von Puchberg 

1741年9月21日 – 1822年1月21日 (81歳没)

18世紀~19世紀にかけてウィーンに住んでいた商人。

彼はヴォルフガングアマデウスモーツァルトの友人としても有名で、多額のお金を貸していました。

人生

ヨハン・マイケル・プフベルクとその妻マリア・カタリーナの6番目の子供として生まれました。

青年をZwettl(ズウェットル)で過ごしています。

1768年 (27歳)

彼はウィーンにあった、マイケル・サリエットの会社に加わり、すぐにマネージング・ディレクターに昇進しています。

1773~1774年 (32歳頃)

ウィーンのフリーメーソンのロッジ、 ズーデンドライアドラー(Zu den drei)のメンバーとなります。

1780年 (39歳)

彼は1784年に亡くなったサリエットの未亡人エリザベスと結婚しました。

その後、プフベルクの兄弟、フィリップ・アントンと一緒に1785年9月に会社を引き継ぎます。

1784年 (43歳)

モーツァルトと出会います。

モーツァルトはプフベルクを真の友人と呼び慕っており、プフベルクはモーツァルトに多額のお金を貸していました。

1788年から1791年まで、少なくとも21通のモーツァルトからプフベルクに対する借金の申し込み手紙が送られています。

1793年 (52歳)

皇帝フランツ2世によって貴族に昇進しました。

1800年以降

プフベルクはビジネスに失敗し、その後ほとんどすべての財産を失ったと言われています。

1801年にプフベルクは破産を申請、最終的に1802年3月30日にプフベルクの事業は閉鎖となりました。

ハイドンとも友人

プフベルクはハイドンの友人としても有名です。

ハイドンについて(サイト内記事)

モーツァルトが1790年にコソのファントゥッテのリハーサルに出席してほしいと招待したのはハイドンとプフベルク2人だけだったそうです。

ポイント

ちなみにハイドンもモーツァルトとともに、フリーメイソンの会議に出席しています。

フリーメイソンを通して三人は非常に仲が良かったようです。