Python:2日目 – [変数のルール]

変数のルール

変数、定数、関数についてはこちらの記事で解説していますので是非参考にしてみてください。

(Python)基礎知識 – [定数, 変数, 関数](サイト内記事)

変数の宣言

タイトルは難しそうですが超簡単です。

変数の名前を決めるだけ。

先ほど紹介した記事に乗っているデカルトルールの慣例の部分で自然数=nとでてきましたので、nで変数を宣言してみましょう。

n = 5
print(n)

変数を表示させる際の変数名はダブルクォーテーションで囲まずに書きます。

変数nを表示させる際にダブルクォーテーションで囲むと、実行結果は[n]がそのまま表示されてしまいます。

変数名を決める際のルール

使える文字

  • アルファベット
  • 数字
  • アンダーバー

となります。

必ずアルファベットから

変数名は数字から始めることはできません。
さらに、アンダーバー以外の記号は使うことはできないので注意です。
必ずアルファベットから変数を宣言しましょう。

元々数字を置き換える、入れ替えるために宣言する変数名ですから、数字からははじめられません。

大文字と小文字は明確に区別

N_1

もokです。

Python上ですでに役割が決まっている単語は使用不可

  • return
  • class
  • for
  • if
  • while

など、すでにプログラム上で役割が決まっている単語を変数名として宣言することはできません。

ただし、どうしても使いたいんだ!

という頑固な方はルールに従って最初の文字を大文字で始めれば使用可能です。

複数の変数を一度に定義

複数の変数も一度に定義することができます。

a, b, c = 1, 3, 5
print(b)
 

memo

半角スペースはなくても間違いではありませんが、見やすいコードを書くためにも癖をつけておくと長いコードになったときに見やすさが引き立ちます。

四則計算でもやりますが、このように変数どうしの計算も可能です。

実行結果が4になることを確認しておきましょう。

まとめ

変数名はどんなプログラムでも使う基本中の基本ですので、しっかりとルールを丸暗記しておきましょう。

Kotaro
Kotaro
フォトグラファー, サウンドデザイナー, 投機家。
ドイツで制作したピアノアルバムをリリース後「金田式電流伝送DC録音」専門スタジオにアシスタントとして弟子入りし裏方へ。
現在は独立しKotaro Studioで「誰かのためにただここに在る」をテーマにアルゼンチンタンゴとアメリカの古典音楽の歴史を研究しながらコンテンツを制作中。
小学3年生の頃、読書感想文の賞金である図書券で2冊の投資関連の本を購入したのをきっかけに投資に興味を持つ。
当サイトでは金融の歴史も含め関連するデータやスキルもアーカイブしていきます。
左脳を使うのに疲れたらKotaro Studioの音楽コンテンツも是非ご覧ください。