Python:11日目 – [配列] ~ tuple型

tuple (タプル)

タプルを使っても配列を定義することができます。

ポイント

list型配列との最大の違いは、tuple型は一度定義するとあとから削除や変更、追加ができない点です。

moji = ('kotaro', 'marks', 'pinocoa', 'blog')
print(type(moji))

typeは型を見る方法でした。

表示させてみましょう。

tuple型となっていますね。

ちなみにタプルの定義は()があってもなくても大丈夫です。

moji = 'kotaro', 'marks', 'pinocoa', 'blog'
print(type(moji))

これでもしっかりとタプル型になっています。

プログラムコード全体の見やすさや癖、チームの趣向などで使い分けましょう。

要素の取得などもリスト型と同じで、割り当て番号(インデックス番号)を指定して取り出すことができます。

moji = 'kotaro', 'marks', 'pinocoa', 'blog'
print(moji[2])

スライスの使い方もリストと同じ

moji = 'kotaro', 'marks', 'pinocoa', 'blog'
print(moji[0:2])
print(moji[:2])

リストのスライス同様に0は書かなくてもOKです。

ただし、繰り返しになりますが、置き換えなどはできないため注意しましょう。

for文での処理

for moji in 'kotaro', 'marks', 'pinocoa', 'blog':
    print(moji)

このように処理されます。

for文を使う場合も()は不要です。

Python:7日目- ループ(繰り返しの処理)(サイト内記事)

listじゃダメ!?

アプリケーションの初期設定値や、例えば筆者は過去の株価の分析など、使用目的によっては、リスト型のような可変型ではなく、不変型のタプルの方が相性が良い場合もあります。

使い分けは状況によって違ってくるかと思います。

必要な時に使い分けられるようにタプル型も覚えておきましょう。

Kotaro
Kotaro
フォトグラファー, サウンドデザイナー, 投機家。
ドイツで制作したピアノアルバムをリリース後「金田式電流伝送DC録音」専門スタジオにアシスタントとして弟子入りし裏方へ。
現在は独立しKotaro Studioで「誰かのためにただここに在る」をテーマにアルゼンチンタンゴとアメリカの古典音楽の歴史を研究しながらコンテンツを制作中。
小学3年生の頃、読書感想文の賞金である図書券で2冊の投資関連の本を購入したのをきっかけに投資に興味を持つ。
当サイトでは金融の歴史も含め関連するデータやスキルもアーカイブしていきます。
左脳を使うのに疲れたらKotaro Studioの音楽コンテンツも是非ご覧ください。