Python:19日目 – enumerate関数

enumerate関数

enumerate 関数は、引数に指定したシーケンスとカウントのタプルを返してくれます。

割り当て番号(カウント)は、特に何も指定しない場合、 0 から始まります。

他の数からはじめる場合、2番目の引数に start=x とはじめの数を指定してあげましょう。

test = ['a', 'b', 'c']
print(list(enumerate(test)))

例えば何も指定しない場合の番号を見てみると、原則0からスタートしますので、

[(0, 'a'), (1, 'b'), (2, 'c')]

このように割り当てられていることがわかります。

test = ['a', 'b', 'c']
print(list(enumerate(test)))
print(list(enumerate(test, start=12)))

12からスタートさせてみましょう。

[(0, 'a'), (1, 'b'), (2, 'c')]
[(12, 'a'), (13, 'b'), (14, 'c')]

しっかりと反映されていることがわかります。

for文で番号付け

test = ['a', 'b', 'c']
for index, val in enumerate(test):
    print(index, val)

で番号を付けることができます。

例えば持っているマイクの名前で番号を割り振ってみましょう。

employees = ['dpa4006', 'dpa4060', 'km184', 'lct440', 'lct240', 'wa87']
for num, micname in enumerate(employees, start=1):
    print(num, micname)
1 dpa4006
2 dpa4060
3 km184
4 lct440
5 lct240
6 wa87

このようになります。

for文を使って、処理回数をやカウントを表示させる際にも便利に使えます。

Kotaro
Kotaro
フォトグラファー, サウンドデザイナー, 投機家。
ドイツで制作したピアノアルバムをリリース後「金田式電流伝送DC録音」専門スタジオにアシスタントとして弟子入りし裏方へ。
現在は独立しKotaro Studioで「誰かのためにただここに在る」をテーマにアルゼンチンタンゴとアメリカの古典音楽の歴史を研究しながらコンテンツを制作中。
小学3年生の頃、読書感想文の賞金である図書券で2冊の投資関連の本を購入したのをきっかけに投資に興味を持つ。
当サイトでは金融の歴史も含め関連するデータやスキルもアーカイブしていきます。
左脳を使うのに疲れたらKotaro Studioの音楽コンテンツも是非ご覧ください。