Python:20日目 – zip関数 (複数のリスト)

zip関数 (複数のリストを活用する)

zip関数を利用して複数のリストを活用していきましょう。

まずはテストコードとして、なんでもいいので、リストを二種類作ってみます。

name_list = ['こうたろう', 'しの', 'ナターシャ', 'あきひこ']
mic_list = ['km184', '4006', 'wm61', 'mk4']

編集長に関連のある人物の名前とマイクロフォンの名前をリスト化してみました。

そこにfor文で、組み合わせてみます。

for name, role in zip(name_list, mic_list):
    print(name, role, sep='-')

合わせるとこのようになりますね。

name_list = ['こうたろう', 'しの', 'ナターシャ', 'あきひこ']
mic_list = ['km184', '4006', 'wm61', 'mk4']

for name, role in zip(name_list, mic_list):
    print(name, role, sep='-')

実行結果はどうでしょうか。

こうたろう-km184
しの-4006
ナターシャ-wm61
あきひこ-mk4

このようになりました。

ポイント

print関数のsepオプションは、項目の間に出力される文字列で、デフォルトは’ ‘(スペース)です。

print(name, role, sep='→')
こうたろう→km184
しの→4006
ナターシャ→wm61
あきひこ→mk4

表示させたい目的に応じて使い分けましょう。

Kotaro
Kotaro
フォトグラファー, サウンドデザイナー, 投機家。
ドイツで制作したピアノアルバムをリリース後「金田式電流伝送DC録音」専門スタジオにアシスタントとして弟子入りし裏方へ。
現在は独立しKotaro Studioで「誰かのためにただここに在る」をテーマにアルゼンチンタンゴとアメリカの古典音楽の歴史を研究しながらコンテンツを制作中。
小学3年生の頃、読書感想文の賞金である図書券で2冊の投資関連の本を購入したのをきっかけに投資に興味を持つ。
当サイトでは金融の歴史も含め関連するデータやスキルもアーカイブしていきます。
左脳を使うのに疲れたらKotaro Studioの音楽コンテンツも是非ご覧ください。