Python:7日目- ループ(繰り返しの処理)

7日目- ループ(繰り返しの処理を理解する)

for文

このような図式になります。

for文で定義する変数をカウンタ変数と言います。

カウンタ変数は英語の[index]から[i]が使われることが多いので覚えておきましょう。

(Python)基礎知識 – [定数, 変数, 関数](サイト内記事)

繰り返したい処理を記述する前はインデントを入れましょう。

Pythonのインデントは半角スペース4つ分と決められています。

for i in range(10):
    print(i)

実行結果はこのようになりました。

10回繰り返されているのがわかります。

break文

break文は特定の条件下でループを終了させる際に使います。

先述の例の中で10回の中で5回目にループを終了させてみましょう。

for i in range(10):
    if i == 5:
        break
    print(i)

このような記述になります。

これで実行すると5回目の時にループが終了していることがわかります。

continue文

continue文はループ処理の中で指定した行の処理をスキップして次のループ処理に移ることができます。

先述の

for i in range(10):

の6だけスキップして実行してみましょう。

for i in range(10):
    if i == 6:
        continue
    print(i)

6行目の処理だけスキップして次のループ処理に移ることができました。

for文+else

for文が終了した後に一度だけ実行したい処理をelseで記述することができます。

例えば、for文が終わったら「繰り返しが終わりました。」と表示させてみましょう。

for i in range(10):
    print(i)
else:
    print('繰り返しが終わりました。')

for文でリストを表示

num = [2, 4, 6, 8, 10]
for i in num:
    print(i)

このようにリストを最初に作り、リスト内をfor文でループさせることもできます。

もちろんelseも使えます。

num = [2, 4, 6, 8, 10]
for i in num:
    print(i)
else:
    print('リストの表示を完了しました。')

while文

while文では条件式がTrueの間処理を繰り返します。

n = 0
while n < 5:
    print(n)
    n += 1

5はfalseなので実行されませんでした。

n = 0
while n <= 5:
    print(n)
    n += 1

もちろんこうするとちゃんと実行結果は5まで表示されますね。

for文同様に、elseで締めることができます。

n = 0
while n <= 5:
    print(n)
    n += 1
else:
    print('今日はこの辺りで終わりにしておきましょう。')

まとめ

ループ処理中に何をするか?をイメージしながら本日は終了しましょう。

例えばリスト内の数字を順番に足していくことも可能です。

num = [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12]
sum = 0
for i in num:
    sum += i
    print(sum)

Kotaro
Kotaro
フォトグラファー, サウンドデザイナー, 投機家。
ドイツで制作したピアノアルバムをリリース後「金田式電流伝送DC録音」専門スタジオにアシスタントとして弟子入りし裏方へ。
現在は独立しKotaro Studioで「誰かのためにただここに在る」をテーマにアルゼンチンタンゴとアメリカの古典音楽の歴史を研究しながらコンテンツを制作中。
小学3年生の頃、読書感想文の賞金である図書券で2冊の投資関連の本を購入したのをきっかけに投資に興味を持つ。
当サイトでは金融の歴史も含め関連するデータやスキルもアーカイブしていきます。
左脳を使うのに疲れたらKotaro Studioの音楽コンテンツも是非ご覧ください。