ヨハン・ピーター・シュルツ (クーラウ関連人物)

Johann Abraham Peter Schulz

1747年3月31日 – 1800年6月10日 (53歳没)

シュルツ

1747年リューネブルク生まれ。

シュルツは1757年から1759年までリューネブルクの聖ミカエリス学校に通い、1759年から1764年までヨハネウムに通いました。

1765年、シュルツはベルリンの作曲家:ヨハンキルンベルガーに弟子入り、その後ベルリンで教鞭をとります。

Check

Johann Philipp Kirnberger

1721年4月24日ザールフェルト生まれ – 1783年7月27日(62歳没)

音楽の父とも言われるヨハン・セバスティアン・バッハの学生でした。

彼は多くの時間をポーランドの民族舞踊の収集に費やし、論文Die Charaktere der Taenzeにまとめています。

1768年、キルンベルガーはシュルツを音楽教師および伴奏者としてポーランドのプリンセスサピエハヴォイウォディンフォンスモレンスクに推薦します。

シュルツは、オペラ、舞台音楽、オラトリオ、カンタータ、ピアノ曲、民謡を多く残しています。

作品

  • Sechs Klavierstücke, Op. 1, 1778
  • Sonata, Op. 2, 1778
  • Gesänge im Volkston, 1779
  • Lieder im Volkston, 1782, 1785, 1790.
  • Chansons Italiennes, 1782
  • Clarissa, operetta, 1775
  • La fée Urgèle, 1782
  • Aline, reine de Golconde, Rheinsberg 1787
  • Høstgildet, 1790
  • Indtoget, Syngespil, Copenhagen 1793
  • Peters bryllup, Syngespil, Copenhagen 1793
  • Music for 1785
  • Maria und Johannes, 1788
  • Kristi død, 1792
  • Des Erlösers letzte Stunde, 1794
  • 4 Hymns, 1791–1794