ルイ・シュポーア (ブルグミューラー関連人物)

Louis Spohr

1784年4月5日 – 1859年10月22日 (75歳没)

ドイツの作曲家兼ヴァイオリニスト。

ブルグミュラーの作曲の師匠です。

ブルグミュラーについて(サイト内記事)

ポイント

ルイ・シュポーアは現代でも多くのヴァイオリニストに愛用されている顎当てを発明しました。

存命中はあまり注目されていませんでしたが、20世紀後半になってヨーロッパを中心に彼の作品が再評価されています。

年表

1784年

ブランズウィック公国-ウォルフェンビュッテル生まれ。

父はフルート奏者、母は歌手兼ピアニストでした。

1786年 (2歳)

家族でゼーセンに移住。

幼くしてデュフォーという名のバイオリニストから最初のバイオリンの指導を受けます。

デュフォーはルイ・シュポーアの音楽的才能を認め、両親を説得してブランズウィックに送り、さらなる指導を深めていきました。

1804年12月 (20歳)

ライプツィヒでのコンサートでは、シュポーアの演奏だけでなく作曲の才能も合わさり、当時非常に影響力のあった音楽評論家フリードリッヒ・ロクリッツを感心させました。

このコンサートは、フリードリッヒ・ロクリッツの影響もあり、ドイツ語圏全体で一夜にして名声をもたらしました。

1805年 (21歳)

シュポーアはゴータの宮廷でコンサートマスターとしての地位を獲得。

1812年まで滞在しました。

そこでシュポーアは18歳のハープ奏者でピアニストのドレットシャイドラーに出会います。

1806年2月2日に結婚。

シュポーアらはヴァイオリンとハープのデュオグループとして活動しイタリア(1816–1817)、イングランド(1820)、パリ(1821)をツアーに回っています。

ポイント

ドレットは後に子育てに専念するためツアーを中断しています。

1808年 (24歳)

シュポーアはベートーベンの自宅にてベートーベンと練習するなど交流を持っています。

1812年 (28歳)

シュポーアはナポレオンの43歳の誕生日を祝うために、フランスが占領したエルフルト公国のプレディガー教会でコンサートを行います。

シュポーアは後にウィーンのアン・デア・ウィーン劇場(1813–1815)で指揮者として働き、ベートーベンと友好的な関係を続けました。

その後、彼はフランクフルト(1817–1819)でオペラ監督を務め、そこで彼は自分のオペラを上演することができました。

1833年 (49歳)

妻:ドレットシャイドラー死亡。(46歳没)

1836年1月3日 (52歳)

カッセルで、2番目の妻となる29歳のマリアンヌファイファーと結婚。

ポイント

マリアンヌファイファーはシュポーアの死後33年間生き、1892年までなくなりました。(85歳没)

1857年 (73歳)

冬に腕を骨折。

事故によりバイオリンの演奏ができなくなります。

それにもかかわらず、彼は翌年のプラハ音楽院の50周年でオペラジェソンダを指揮しました。

1859年 (75歳)

カッセルで死亡。

作品

シュポーアは、作品番号のない作品を140点近く制作し、作品番号のある作品を150点以上制作しています。

生涯で9つの交響曲をはじめ、1803年から1844年の間に、シュポーアは当時の他のどの作曲家よりも多くのヴァイオリン協奏曲を書いています。

室内楽では、36の弦楽四重奏シリーズと、2の弦楽四重奏があります。

また、他の四重奏、デュオ、トリオ、クインテットや六重奏曲の品揃え、オクテットとソロバイオリンのためのソロの作品、ハープ、そしてバイオリンやハープのための作品も含まれます。

チンレストの発明

1820年頃にヴァイオリンのチンレストを発明しました。

ルイ・シュポーアのオススメ作品